Book Club」って知ってる? 読書仲間がほしいへ

北米では「Book Club」なる存在がものすごくたくさん、いらっしゃる。ためしにググっていただいたらその検索結果の多さに驚くと思うのだけど、オンライン上には単なる「読書好きコミュニティサイト」を超えた、「自分の趣味趣向にあった本好き仲間を見つけたいー!」という欲望したたる「Book Club」が所狭しと並ぶ。
 『人生を狂わす名著50』著者が贈る、「ナタリー」みたいな文学レポート!

エマワトソン主催のフェミニズム・ブッククラブに入会できる時代

 読書仲間がほしい~という欲求は古今東西不変のものであるらしく、日本でも対面読書会やら本にまつわるコミュニティサイトやら読書をSNSで語るアカウントやらいろいろあるけれど、しかしそれ以上に北米では「Book Club」なる存在がものすごくたくさん、いらっしゃる。
 ためしにググっていただいたらその検索結果の多さに驚くと思うのだけど、オンライン上には単なる「読書好きコミュニティサイト」を超えた、「自分の趣味趣向にあった本好き仲間を見つけたいー!」という欲望したたる「Book Club」が所狭しと並ぶ。

 むかし『ジェーン・オースティンの読書会』という映画があって、なんと読書会が舞台のラブコメ! という、なかなか本好きとしては「とりあえず見る!」以外の選択肢が思い浮かびづらい、素敵だった。コンセプトの時点ですでに勝ち過ぎでしょ。いや本編もおもしろかったけれど。オースティンの恋愛小説(イギリスの古典小説)について、読書会のひとびとが自分の恋愛事情も含みつつ語るんだよね。オースティンの名言を映画でも聞くことができて、なかなか楽しい内容だった。
 そんなわけで昔から読書会文化の盛んだった国では、現在オンライン上の読書会が大量に生まれている。

 なかでも私が「へー! こんなブッククラブあるんだー!」と思ったものをご紹介したい。それは、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

侍女の物語 (ハヤカワepi文庫)

マーガレット アトウッド
早川書房
2001-10-24

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KENKADOU511 https://t.co/MT22TndQ5d 3ヶ月前 replyretweetfavorite

bookclubaward https://t.co/inmt2ybU3h 3ヶ月前 replyretweetfavorite

mori_kananan |三宅香帆 @m3_myk |三宅香帆の文学レポート エマ・ワトソン主催のBook Club、って響きがもう…! https://t.co/XjPNp8dfES 3ヶ月前 replyretweetfavorite