写真で話そう

仕事で撮った後の息抜きに人を撮る

ブラジルから帰国したワタナベアニさん。やはりブラジルでも、ずーっと写真を撮っていたそう。なぜそこまで写真を撮り続けられるのでしょうか。

ワタナベアニです。前回はブラジルからお届けしました。ホテルのネット状況が悪いとか理由を付けて、仕事をサボろうと思っていたんですが、2019年ですもんね、かなり高速の回線が来ておりまして、観念しました。

LAで撮影を終え、サンパウロでの撮影へ。日本から北米、南米の大移動でした。ブラジルでの撮影も終わり、ホッと一息つけたのでポートレートを撮ることにしました。

ちょっとおかしいんですけど、仕事でモデルを撮った後の息抜きに人を撮ってます。シェフがクタクタに疲れて家に帰ってきて、自宅で料理をするようなものでしょう。たとえに切れ味がないので伝わらなかったとは思いますが、まあそんな感じです。

スタッフと食事に行くことになりました。俺はカメラと黒布とパーマセル(粘着テープ)をスーパーのビニール袋に詰めて出かけます。どう見てもランチに行く格好ではありません。

レストランのテラス席で食事を終えると、おもむろに壁に黒布を貼ります。食事中に光の入り方がベストな位置は決めていましたが、そこに店のオーナーがやってきたので「写真を撮りましょう」と言って撮ります。無断で壁に貼ったんですけど、オーナーが撮れてしまえばこっちのものです。

店内にいて目星をつけていた男性を呼び、黒布の前に立ってもらう。さらに人を呼び、一人につき数枚だけシャッターを切って、次々に撮っていくと、クライアントやスタッフは「また始まった」と呆れた顔で見ています。

いつもいい写真が撮りたいとは思っているけど、撮れなくてもいいんです。言葉も通じない、知らない誰かと一瞬だけ出会う。それがとても楽しいから。

写真を初めた人の多くは、人にカメラを向けるのが難しいと言います。でも慣れてしまえばどうってことはありません。相手に失礼にならなければ、カメラを持った旅人にみんな笑顔を向けてくれます。

旅の思い出が名所旧跡の看板だけ、っていうのも寂しいですから、できれば出会った人を撮ってみてください。楽しいですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
写真で話そう

ワタナベアニ

写真家・ワタナベアニさん。年中無休、四六時中、カメラのシャッターを切り続けています。この連載ではそんなワタナベアニさんのライフワークともいえる、ポートレート写真を掲載していきます。レンズのむこう側で写真家は何を思っているのか、その様子...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

miyamototakuya シェフの例え、わかります!Webの仕事後に自分のサイト触るのって息抜きになるもんなぁ〜 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

watanabeani ブラジルで出会った人たち。 https://t.co/XELxuTZnwR 約2ヶ月前 replyretweetfavorite