平成最後の神田うの

このところ、あらゆる行事の冠に必ず付けられる「平成最後の」という言葉。先日、安倍首相の主催で行われた桜を見る会も、「平成最後の」という言葉を付けてマスコミに取り上げられていました。今回取り上げるのは、なぜかそれに毎回出席している神田うの。武田砂鉄さんは平成の最後に神田うのをどう分析するのでしょうか。

「桜を見る会」に神田うのと梅宮アンナ

何でもかんでも「平成最後の〇〇」と押し出される日々が、あと1週間ほどでようやく終わろうとしている。「安倍総理大臣が主催する『桜を見る会』が開かれ、あいさつで安倍総理は平成最後の桜を前に新しい時代に向けた決意を語りました」(テレ朝News)などと、当然、桜にも「平成最後の」がくっつけられた。その平成最後の「桜を見る会」の様子を伝える朝日新聞デジタルの記事には、「平成最後となる同会には、歌手の五木ひろしさんやアイドルグループ『ももいろクローバーZ』など芸能人ら約1万8200人が出席した」とある。その人選は、これだけ幅の広い芸能人が登場したんです、ってことを知らせようとしたのだろうが、記事に掲載されている写真は、神田うの・梅宮アンナ・IKKO・MayJ.の並びだった。どういうことだろう。あまりに気安く連呼された「平成最後」が磨耗した結果、平成がそのまま続いていくようなメンツが残されたのだろうか。

平成について何かを書いて欲しいとの依頼を受け、『平成遺産』というオムニバス本に12000字の長大な神田うの論を書いたのだが、そこに「どこで何をしていようが気にならない存在である。でもそんな彼女は、年に一度くらいは必ず私たちの視界に飛び込んでくる。タイム・イズ・マネーなのに、私たちは貴重な時間のいくらかを神田うのに費やしてきた」と記した。要所要所で、必ず私たちの前に現れるのが神田うのだ。平成最後の「桜を見る会」は、改元周辺の盛り上がりをできるだけ自分の手柄にしようと企む政治ショーのひとつとして組み込まれていたが、その政治ショーとして、「神田うの・梅宮アンナ・IKKO・MayJ.」が正解だったとは思わない。新しい時代がやってくる躍動感が感じられなかったからだ。

神田うの8.0
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gargo_0729 “即物的に思える状態を常に保ってきた、って、もはや即物的ではない。” https://t.co/NJMgJZ5PeP 5ヶ月前 replyretweetfavorite

elba_isola |武田砂鉄 @takedasatetsu |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜 最近見ないと思ったら桜を見に行ってたのか、うのさん。 https://t.co/2uLKoB1DsY 5ヶ月前 replyretweetfavorite

aojs53 “即物的に思える状態を常に保ってきた、って、もはや即物的ではない。” 5ヶ月前 replyretweetfavorite

rickey27679862 お見事な平成最後論 5ヶ月前 replyretweetfavorite