地中海 四千年のものがたり—アートが「可視化」する地中海の歴史

アートを楽しむプロフェッショナル“アート・コンシェルジュ”が最新の展覧会情報をご案内。夏らしい天気の続く今日このごろ、足を運んでほしいのが、東京都美術館で始まった、地中海をテーマに据えた展覧会「ルーヴル美術館展‐地中海 四千年のものがたり‐」。《アルテミス》や《大碑文》など、西欧文明の発信地でありつづけた地中海の歴史を感じられる作品ばかり。華やかな時代を築いてきた文明とそこに生きた人々に、思いを馳せてみてはいかがでしょうか?


《アルテミス:信奉者たちから贈られたマントを留める狩りの女神、通称「ギャビーのディアナ」》
(イタリア、100年ごろ)

夏らしく、海。そんな発想かはわかりませんが、地中海をテーマに据えた展覧会が上野・東京都美術館ではじまりました。「ルーヴル美術館展‐地中海 四千年のものがたり‐」です。

展名に「ルーヴル」を冠すると、それだけですごい展覧会だろうという気がしてきますね。パリの中心に鎮座する、世界最大級のあの美術館が関わるとなれば、一気に期待値が上がります。

今回は「大ルーヴル」から、どんな作品が海を渡ってきたのか。残念ながら、館を代表するようなものは、出品作に含まれていません。《モナ・リザ》が来るはずもなく、《ミロのヴィーナス》や《サモトラケのニケ》も無理です。そんなにやすやすと、エース級を遠い日本の美術館へ貸し出すわけにはいきませんから、まあ当然ですね。

ただ、それほどがっかりすることもありません。エースはいなくとも、あるテーマのもとに集められた佳品が、かなりまとまって運ばれてきていますから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません