心に隙がある女の人は、粘り強い押しに弱い

人生経験を積んできたつもりのユウカだったが、雰囲気に流されやすい自分の弱点を、まだわかってない。


車はハイウェイに乗ると、ぐんぐんとスピードをあげた。

晶は後部座席でうんうん唸っているけど、おそらく演技なのだろう。 しかし、おじいさんはアクセルを目いっぱい踏んで、一路、沖縄市に向かっている。

沖縄は、那覇市が県庁所在地だけど、実は別に沖縄市という自治体もある。 昔はコザと呼んだらしいけど、ユウカはもちろん知らない。 米軍基地からも近く、那覇よりも国際色豊かで、より沖縄っぽい街並みが広がる。 アメリカ人や中国人に加えて、なぜかインド人も多い。

ハイウェイを沖縄南で降り、基地の米軍人向けの店や観光客向けの店が混在しているエリアを抜けると、さとうきび畑と住宅しかない田舎道に出た。

後部座席の晶は、お腹を抱えながら「ここは右、まっすぐいってから左」と正確に道案内をしている。

やがて、一軒の石造りの家の前に軽ワゴンは着いた。 晶は車から降りると、さっと家の中に小走りで入っていき、車の中にはユウカと老人が残された。

老人が「じゃあ……」と言おうとした瞬間、身の危険を察知したユウカもさっと車を降りて、家の中にかけこもうとしたが、ふと踏みとどまって振り返り「よかったら、おじいさんも……」と運転席に向かって手招きした。

ここまでタダで運転してきた老人のことが哀れに思ったからだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません