相続を争族にしない

#49 “争族”を回避する 遺言と付言事項の書き方

残された家族がもめず、相続をスムーズに行うためには遺言書が不可欠だ。思いがきちんと伝わる遺言書を残しておくだけで、トラブルの数々を未然に防ぐことができる。

 書く際の注意点は、大きく三つ。相続する財産の内訳と、どの相続人にどの程度の割合で渡すかを明記すること、そして、相続人の遺留分(#32 「絶対押さえておきたい 相続・節税の基本」参照)に配慮することだ。「相続する財産が遺留分に満たない場合、トラブルになりやすい」(小川実税理士)からだ。

 それだけに、遺言書には厳格なルールが存在する。以下に、遺言書を正しく書くためのポイントを解説していこう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
相続を争族にしない

週刊ダイヤモンド

わが家は相続とは無縁。ましてや子どもたちが財産をめぐってモメる“争族”なんてあり得ない。そう考えている人が少なくない。だが、実際はそうではないと、相続の専門家たちは口々に言う。実際に専門家たちが直面した争族の事例をひもとき、争族の実態...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません