第2回】華麗なプレーはいらない

WBCで一躍「時の人」となった中日ドラゴンズの内野手・井端弘和選手。地道な努力を重ねた「いぶし銀」だからこそ、大舞台に動じない理由がある。今連載では、7月18日発売の『勝負強さ』に収録された、「井端弘和vs荒木雅博 アライバ対談」の一部を公開!(取材・本郷陽一)


(写真は時事通信社提供)

—守備についてはレンジファクター(アウト寄与率)という指標があって、どれだけアウトに寄与したかが数値化されています((刺殺+補殺)÷ 守備イニング数 × 9で計算)。つまり、いかに守備範囲が広いか、ヒットになりそうな打球をアウトにしたかという指標で、井端さんは、その数値が非常に高い。その話を聞くと理由がよくわかります。

井端 でも決していいプレーをしようと思ってやっていない。飛びついてキャッチするようなプレーはできる限りしたくない。ヒットになりそうな当たりをなんでもないようにさばけば、ピッチャーも安心するでしょう。確実にアウトにできる打球をアウトにしようと思っているんです。どんなに華麗で見栄えがよくても、それでエラーするぐらいなら、泥臭くともアウトにした方が本当のプロと言えるんだと考えています。
荒木 井端さんは、どんなに合ってないバウンドでも捕りますから。セカンドのポジションで横から見ていて、「バウンドが合ってない!」と、ドキッとしても、間違いなく捕ってアウトにします。昔からそうです。凄いことです。

—内野の守備でアマチュアからプロまで難しいとされているのが、ゴロのバウンドの合わせ方です。秘訣を教えて下さい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
勝負強さ』—井端弘和vs荒木雅博 アライバ特別対談

荒木雅博 /井端弘和

WBCで一躍「時の人」となった中日ドラゴンズの内野手・井端弘和選手。地道な努力を重ねた「いぶし銀」だからこそ、大舞台に動じない理由がある。今連載では、7月18日発売の『勝負強さ』に収録された、「井端弘和vs荒木雅博 アライバ対談」の一...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

LinJellyfish カコイイー。やっぱり基本と継続、地道なトレーニングが大事なんですね。 4年以上前 replyretweetfavorite

droplioca 著者プロフィールいいかげんにしろよ!!!! 4年以上前 replyretweetfavorite

kadokawaone21 cakeで連載中の、中日アライバ対談の第二回を更新!守備への思いに、「いぶし銀」井端のこだわりが光ります→ #中日 #野球 4年以上前 replyretweetfavorite

suzuse https://t.co/uVqfgpuvOT アライバ対談の続き(後半は有料) ていうか下の写真(例の近影)がどんどん迫ってきて草不可避 4年以上前 replyretweetfavorite