アナタの恋愛がうまくいかない理由 彼のことが好きって言うけど、それって本当に純粋な恋心?

「真剣に愛したいのに、うまく行かない」……。恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上の女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザーであり、「本当の彼氏のつくりかた」の著者、藤本シゲユキさんが解き明かします。 目の前の恋愛がホンモノなのか迷っている女性のみなさん必読の恋愛指南。 本当の彼氏のつくりかた、伝授します!

「彼のことが好きなんです! どうにかして付き合いたいんです!」

 カウンセリングをしていると、このようなご相談がほぼ毎日あります。

 しかし、クライアントの方の話をよくよく聞いてみると、「これは恋愛感情ではないな」と気付くことがよくあるんですよね。

 僕はその度に、「○○さんは彼のことが好きなんじゃなくて、ただ執着されているだけですよ」とお答えさせていただいております。

 しかし、彼女たちは今まで「好きと錯覚して相手を思い続けた時間」と、「これは恋愛感情に違いないという自分の目利き」を自分で否定したくないために、相手を思う自分の気持ちが執着であることをなかなか認めることができません。

 ようは、本当の自分の気持ちに目を背けて、執着からくる感情にしがみついているんですよね。

 僕もそうなることは想定内なので、彼女たちの気持ちが恋愛感情ではなくただの執着である理由とその根拠をお話しして、その日のカウンセリングを終えることが多いです。

 そうすると、ほとんどの女性が次のカウンセリング時に、「藤本さんの言ってたとおり、私は彼に執着していただけでした」と目を背けていた「本当の自分の気持ち」に気付かれます。

 見出しにもある「純粋な恋心」とは、「この人と一緒にいたら楽しいだろうな」「なんてステキな人なんだろう」「彼のために何かしてあげたいな」という、見返りを求めない混じり気がない気持ちのことです。

 しかし、この純粋な気持ちに執着が入れば入るほど、その気持はたちまち自分の承認ほしさに切り替わってしまいます。

 それではここで、執着についてお話しさせていただきましょう。

 恋愛においての執着とは、「女として特別扱いされた自分が忘れられないから、もう一度その自分を体験したい」という動機に基づいているんですね。

 ようするに、相手に執着すればするほど、「自分の承認を追い求める」ようになるのが、執着なんです。

 見返りほしさに尽くしてしまう女性もこれに当てはまりまして、相手に尽くすのは自分を認めてほしい、分かってほしいという気持ちからの行為になります。

 もちろん、多くの人たちの恋愛は、多かれ少なかれ執着が入り混じっているので、執着を全否定するわけではないのですが、中にはただの執着を恋愛感情だと錯覚している女性がたくさんいるんです。

 その場合、出会ってから別れるまで、相手に対して一度も恋心を抱いていないんですよね。

 では、「執着恋愛」とも言える彼女たちの恋愛がどのようなものなのか、その特徴を次に記載させていただきます。

 ・いい人が見つからないときに出会った

 ・最初は「なんとも」思ってなかった

 ・相手からグイグイこられて気持ちよくなってしまった

 ・以前より相手が冷たくなって、不安の感情を「好きだ」と錯覚

 ・相手から「好き」とか「付き合おう」の言葉を必死に引き出すことが目的になる

 ・食いつきがあった頃の相手のテンションが今も持続してると思っている

 ・相手の悪い部分に目を向けずに美化しかしない

 ・そばにいればいつか振り向いてくれると思っている

 ・この人しかいないと思い込む

 ・ちょっと優しくされると自分を丸ごと受け入れてくれたと錯覚

 ・ほとんど連絡がない状態の中、相手からメッセージが来て、それがたとえ短文であっても異様に喜んでしまう

 ・とにかく現実が見れてない


 こんなん、恋愛どころかふつうの人間関係にもなってないやん。

次回「アナタの恋愛がうまくいかない理由 彼のことが好きって言うけど、それって本当に純粋な恋心? 2」は5/21(火)公開予定!

真剣に愛したいあなたへ

本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ
廣済堂出版
2018-11-01

この連載について

初回を読む
本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ

「真剣に愛したいのに、どうしてもうまく行かない」……。 恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上もの女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザー、「本当の彼氏のつくりかた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません