自分の強みと弱みを知る2

「真剣に愛したいのに、うまく行かない」……。恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上の女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザーであり、「本当の彼氏のつくりかた」の著者、藤本シゲユキさんが解き明かします。 目の前の恋愛がホンモノなのか迷っている女性のみなさん必読の恋愛指南。 本当の彼氏のつくりかた、伝授します!

 ほかにも、高身長といった外見的特徴も強みとして全開にすると立派な武器になるのですが、高身長をコンプレックスに思っている女性は、背が低く見えるように猫背になっていることが多いです。

 この女性は、今後も高身長をコンプレックスに感じながら猫背で生きていくか、プロポーションと歩き方を整えて背筋を伸ばし、高身長を活かすかの二択になるんですよね。

 そういった理由から、強みとはその人自身に生まれ持って与えられた、まぎれもない自分の長所なので、封印することは不可能ですから、「どうやって活かすか?」を考えないといけないんですよ。

 では逆に、弱みとはなんなのかというとこれは自分の弱点でして、死ぬ気で頑張っても中の下ぐらいにしかならない能力のことです。

 そして、ここでショッキングな事実をお伝えせねばいけないのですが、弱みってどうにもできないので、なんとかするんじゃなくて、切り捨てないといけないんですよ。

 厳密に言うと、切り捨てるというよりか、「自分の弱みは○○だから、それを踏まえた上でどうやってカバーするか」を考えるということです。

 僕の話で恐縮ですが、僕は極度の方向音痴でして、今までなんとか改善しようと頑張ってはみたのですが、「これは弱みなんだ」と気付いてから、改善するのを諦めました。

 この場合、方向音痴を改善しようとしても直らないので、「方向音痴だから、初めて行く場所で人と待ち合わせている場合は、15分早く家を出る」といった感じで、「道に迷う前提で」方向音痴をカバーしないといけないんですよ。

 ようするに、自分の能力にないことは改善して身につけるのではなくて、「自分にはそういう一面がある」と「自覚」して、「うまく付き合っていく」というのが、弱みの対処法になります。

 間違っても、改善しようと躍起になったら、前述した魚が猿に憧れて木登りするようなことになりかねないので、注意してください。


 以上が、自分のことを知る方法になりますが、自分のことを深掘りすればするほど、いかに今まで自分に対して興味がなかったか、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 自分の強みを理解すればするほど、自己開示で長所を説明するときに役立つだけではなく、自分の活かし方も分かるようになってくるので、まさしく一石二鳥ですね。

 ではここで、ようやくアナタに合う異性はどういった人なのかをお話しさせていただきますが、ここまで読み進められた方の中にはすでに、今まで追いかけていた異性が実はまったく自分に合ってなかったと気付かれた方もいらっしゃると思います。

 自分に合う異性とは一言で言うと、「友達にできる人」なんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

真剣に愛したいあなたへ

本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ
廣済堂出版
2018-11-01

この連載について

初回を読む
本当の彼氏のつくりかた

藤本シゲユキ

「真剣に愛したいのに、どうしてもうまく行かない」……。 恋愛には、いくつもの罠が仕掛けられています。その秘密を、元ホストクラブのオーナーとして5000人以上もの女性の悩みに答えてきた悲恋改善アドバイザー、「本当の彼氏のつくりかた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません