1杯1000円。全額寄付のラーメンも!

東日本大震災による大津波は、宮城県石巻市にあった木の屋石巻水産の工場を壊滅させました。掘り出された缶詰は、東京・世田谷の経堂に運ばれ、商店街の人々の協力で磨き上げられ、1缶300円で販売されました。「希望の缶詰」と呼ばれたその缶詰は、人と人をつなぎ、全国に広がり、洗われ、販売され、工場再建のきっかけとなります。 震災で希望を忘れなかった人と、手と心を差し出した人情商店街の人々がつながった感動の物語です。(バナーの写真:佐藤孝仁)

「ゆうどきネットワーク」では、ラーメン「まことや」のラーメンも紹介された。このラーメン、3月は750円だったが、4月に缶詰が経堂に届きはじめてからは、1杯1000円に値上げして全額寄付という復興支援ラーメンなのだった。この売り上げを店主の北井さんから受け取ったのは、5月17日のことだった。

「たくさん食べて頂いたので、トータル50万円集まりました!」全額寄付ということは、その分、店の売り上げが減るということだ。なかなかできることではないが、熱い男、北井さんらしい支援だと思った。

 4月の後半から、イベントで缶詰を販売する動きが目立ってきた。演芸プロデューサーの木村万里さんは、下北沢のお笑いライブ「渦」で販売してくれた。ここでの売れ行きはすごく、午前中にまとめて買いに来たスタッフが、夕方になって「昼の部で売り切れてしまって」と、午後、再び夜の部用にまとめて買いに来た。また、木村さんのつながりで情報が広がり、「師匠に買ってこいと言われまして」と、立川志の輔さんのお弟子さんが駆け込んで来たこともあった。

「さばのゆ」の常連でもある寄席囃子の恩田えりさんは、彼女が参加する落語会の受付で、積極的に販売してくれた。

 その後、落語会での支援も広まり、石巻の日和山で落語家になる決意をしたという経験を持つ「笑点」メンバーの林家たい平さんも木の屋を応援。「鯨大和煮缶」のラベルをデザインするなど、木の屋社員との親交も深めていった。同じく「笑点」メンバーの林家木久扇さんも、「クジラ食文化を守る会」にて販売を応援。のちにラベルのデザインも手がけた。

 毎週末、木の屋の缶詰売場を設けてくれる道の駅などの施設も増えてきた。缶詰洗いに集まった人たちが、販売ボランティアとしても応援に駆けつけた。

モンスターボランティアがやって来た!

 缶詰を買いたい人やボランティアをやりたい人が、ご近所だけではなく全国から大勢集まってきた。そのほとんどは善意の人たちで、活動を助けてくれるありがたい存在だったが、中には、困った人もいた。

 当時私は、缶詰の販売、缶詰洗いの手配と段取り、支援物資の確保と輸送車と人員の手配、ブログやSNSによる情報の発信や問い合わせ対応、マスメディア取材の対応などに忙殺されていて、振り返ると、いつも時間はなく、心身共にギリギリだった。しかし、そんな時に限って、様々な「人災」が起きるのだった。当時は大変な思いをしたが、今となっては笑えるエピソードが多いので、昭和の深夜ラジオ風に「復興活動でこんな困った人がいた!」コーナー的にご一読頂きたい。

 缶詰を購入する際のお金のやりとりについて、かなり変わった女性がいた。年齢は30代半ばくらい。缶詰を10缶購入したいというので、3000円という値段を告げると、「震災復興で大切なのは、人と人とのご縁だと思います。なので私は、お代をすべて5円玉でお支払いいたしまーす!」と高らかに叫んで、中で小銭がジャラジャラ鳴る音がする布製の袋を取り出して、5円玉をカウンターに並べはじめたのだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

過酷な震災にも希望を忘れなかった人々と、手と心を差し出した人情商店街の感動の物語

この連載について

初回を読む
蘇るサバ缶〜震災と希望と人情商店街〜

須田泰成

東日本大震災による大津波は、宮城県石巻市にあった木の屋石巻水産の工場を壊滅させました。掘り出された缶詰は、東京・世田谷の経堂に運ばれ、商店街の人々の協力で磨き上げられ、1缶300円で販売されました。「希望の缶詰」と呼ばれたその缶詰は、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません