九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【ハチミツ】

体じゅうの体温が、二度上がった。
生まれてからずっと片思いだった人と、一瞬だけ両思いになれたような、そんな火照りだった。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



 八月のソーラーパネルが集めたるハチミツ一匙紅茶に落とす



 年が明けて間もなく、町のスーパーからハチミツが完全に消えた。

 コンビニからもドラッグストアからも。

「ハチミツ」とネットで検索しても、記事は出てくるが商品が出てこない。

 蜜蜂が不足しているというのは、数年前から話題になっていた。それゆえ養蜂家やイチゴ農家が廃業に追い込まれていると。

 わたしは、生き延びるために毎日ハチミツの摂取が必要な、難病を患っている。

 患者仲間の御園さんが、メールでカナダのイエローナイフに行こうと誘ってきた。そこに蜜蜂が集まっているから、ハチミツが手に入るかもしれないというのだ。


 近くで実際に見るイエローナイフのオーロラは、金色だった。よく見る緑がかった電磁波色ではなく。

 現地のテレビ番組によると、この星のすべての蜜蜂がこの場所に引きつけられ、ほとんどがたどり着けずに命を落としているという。

 たどり着いた幸運な蜜蜂たちは、上空から命を賭してハチミツを分泌し、オーロラの色を変えて見せているというのだ。


 金の幕は夜風を受けて震え、鉄琴の音色で綺羅綺羅と旋律を放つ。

 わたしは、近づいて幕に手を入れる。ねっとり濡れた手を戻すと、両手は輝く液体で満ちている。舌先で嘗めると、月下美人の香りの、未知の金属色の、とろとろした甘い郷愁のようなハチミツだった。


 体じゅうの体温が、二度上がった。

 生まれてからずっと片思いだった人と、一瞬だけ両思いになれたような、そんな火照りだった。



 ハチミツは魂のエネルギーになり体が死んでも金色に光る




この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.54(2019年2月号)[雑誌]

三谷匠衡,macho,今祥枝,小林勇貴,武内涼,花房観音,武田綾乃,最果タヒ,東川篤哉,朱野帰子,寺地はるな,結城充考,乾緑郎,吉野万理子,青柳碧人,九螺ささら,門井慶喜,ふみふみこ,荻上チキ,円城塔,平原卓,橋爪駿輝,渋谷直角,カレー沢薫,恒川光太郎,柳瀬博一,新納翔,國友公司,新井久幸
新潮社
2019-01-18

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません