ダイエット前でも、服がなくても、合コンへ行くべき理由

本連載の真骨頂である「合コン」編がまだまだ続きます。
「ダイエット成功してから……」「服がないから……」と、合コンを目の前にしてしり込みするブス達。でも、準備不足のコンディションでも、絶対に合コンに行ったほうがいいと田村麻美は断言する。その理由とは!?

ブスの作業 13  リーン・スタートアップ

注:本連載開始から「読者が実際に手と頭を動かす箇所」として、「ブスの作業」を提示している。「ブスの作業1~12」を読みたいあなたは、前回までの連載を見てネ。

リーン・スタートアップという言葉を知っているだろうか。

起業の方法のひとつである。簡単に説明すると、次のようなことだ。

用語解説 リーン・スタートアップ

・コストをあまりかけずに最低限の製品やサービス、試作品を作って市場に投入

・顧客の反応を見る

・市場の反応をフィードバック

このサイクルを繰り返すことで、起業や新規事業の成功率が飛躍的に高まるという方法である。

完璧に作り込んで市場に出すのではなく、試作品(=現状の自分)をまずは市場に出して学習する。  

トライ&エラーの繰り返しによって商品の精度を上げていく。  

これこそブスに有効な方法だ。

これまでの連載を読んで、「自分の総合点をがんばって上げよう!」と思ったあなた。総合点を上げる努力はいいのだが、「総合点をじゅうぶんに上げてから市場に出よう」というのは間違った思考である。

やせたら、合コンに行く。  

試験に受かったら、告白する。  

バイトでお金を貯めて、5万円のブラウスを買ったら合コンに行く。  

彼氏ができたら、素敵な下着を買う。    

すべてブスがやってはいけないことばかり。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

爆笑しながらマーケティングの基本が学べる!

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード