ブスが100回の合コンで学んだこと

見た目が原因で、初めての彼氏に振られた田村麻美。
「もう恋なんてしない!」と埼京線のなかで泣きまくる日々。 見かねたヤリマンの友だちが、誘ってくれたのは「合コン」だった。 本連載の真骨頂「ブスの合コン」が、いよいよ始まります!

「ブス合コン」は場数である

はじめての彼氏に振られた私を、ヤリマンの友だちが慰めてくれた。

「合コンをしよう」  

そう言って誘ってくれた。

何を隠そう人生初の合コンだ。大学に入って、すぐに彼氏ができたので、合コンに行く必要がなかったのだ。

誘ってくれたのは、同じスキーサークルのふたりだった。

目力が強く八代亜紀似、足は細いのにスタイルはイマイチ、だけど男が途切れないA子。

そして、日本人では物足りず、米軍兵士命で横須賀基地で声をかけられるのを待ち続けるB子。B子は米軍兵士のイチモツがでかすぎて、大事なところを切ってしまうという逸話つきの女だ。

A子もB子も「本命の彼氏」という概念はなく、いつも彼氏が数人いるような女どもであった。そして、どちらも決して美人でもないし、かわいくもない。

合コン参加においては、それぞれ1回は幹事をやること。そういうお達しが出た。

忘れもしない大学2年の7月の土曜日は、かわりばんこに幹事をしつつ、毎週合コンを執りおこなった。

まずは、私が幹事の合コン。

当時、バイトで塾の講師をしていたのだが、その正社員の男性たちに声をかけた。

「○○先生……わ、私、一応、女子大生集められるんですけど……飲みませんか」

ブスのくせに、男性の心をくすぐるキーワードだけは知っていたので、「女子大生」という単語を連発して即開催が決まった。

3名対3名で執りおこなった。

合コンとは難しいものだ。私が声をかけた幹事の男性はなかなかのイケメンではあったが、そのほかの2名が、イマイチだったのだ。見た目だけではない、会話もだ。

合コンの途中で、米軍B子はたばこを手に取り吸いはじめた。 「あ……この後、反省会だ」

私は合コン中にもかかわらず、震えが止まらなかった。

その後、A子主催、B子主催の合コンが開催された。  わかったことが、ひとつある。

私、A子、B子の3人はとても相性がいいのだ。体の相性ではない。男の趣味という点で相性がいいのだ。

私……草食系男子好き。星野源みたいな

A子……ブサイク好き

B子……米軍

絶対にかぶらない。なので、ケンカがない。もめることもない。

私たちのあいだでは、当日お持ち帰りされるのはやめよう、という暗黙のルールがあった。全員ブスなのに。一応、軽い女と思われたくなかった。

当日は貞操を守り抜け。やるなら後日。

ヤリマンのくせにこのルールだけは徹底していたA子とB子だった。

たいてい1週間後に、合コン後の感想発表会的なものを開いていた。

「結局、あのあと1回会って、やったんだけどイマイチでさ」

「誘ったのにごはんにも行けなかった。くそ」

「あのときのアシストは私たちが悪かったね。もっとA子のことほめるべきだった」

という、反省会だ。

多いときで週1以上、最低でも隔週の合コンをこなした。

おそらくこれまでの人生で100回近くの合コンに出席したと思う。彼氏がいるときは行かないので、一定期間に集中している。

ここでまた編集者からの質問だ。

【質問】  100回の合コンのうち、次回のデートまで持ち込めたのは何人ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大増刷決定! 売れてます☆

この連載について

初回を読む
ブスのマーケティング戦略

田村麻美

税理士、大学院生、一児の母、そしてブスである田村麻美さんによる、「ブスが幸せな結婚&ビジネスでの成功」をかなえるための戦略論。誕生から、受験、処女喪失、資格取得、就職(即退職)、結婚・起業するまでの物語を赤裸々に記した半生記と、結婚・...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード