登山は「楽しい」わけじゃない。だけど好き。

人生初の登山は山小屋で働くための「出勤」だった。10年間、山小屋で働いていた小屋ガールの吉玉サキさんは、熱烈な登山好きではないけれど、たまに心が山を欲することがあるそうです。そんな吉玉さんにとって登山には「楽しい登山」と「楽しくない登山」があって、そのどちらも好きなのだといいます。

お客様から「もともと登山が好きだったの?」とよく聞かれる。

私の場合は違う。山小屋で働くまで登山をしたことはなかった。

今はというと、登山は「そこそこ好き」。

登山をやらない人にはよく「登山って何が楽しいの?」と聞かれるけど、登山が好きな人って、必ずしも登山を「楽しい」と感じているわけではないと思う。

楽しくないけど、好き。

そういうこともあるのだ。


山小屋スタッフはみんなもとから登山が好き?

人生初の登山は、山小屋で働くための「出勤」。

そこは初心者向きの山で、滑落や道迷いが起こりそうな箇所がない。体力さえあれば、登山スキルが低くても登れる。小学生のときにスポーツをしていたからか、意外と体力はあったようで、そこまで疲れずに登ることができた。

初めての登山はとても新鮮だった。

ネットや本で見るのと、リアルの体験はまったく違う。景色も、静けさも、樹林帯の緑と土のにおいも、つめたい空気も、ものすごいリアリティに圧倒される。五感がフルに刺激されるのに、なぜか精神が落ち着いた。

見晴らしのいいところに出ると、あまりにも山と空としかなく、自然のスケールが大きすぎてなんだか笑ってしまう。

「自然に触れると自分のちっぽけさを感じる」とよく聞くけど、まさしくその通りだった。


ちなみに、私のような「登山をしたことがないのにいきなり来ちゃう人」は少数派。

だいたいのスタッフは登山が趣味で、「趣味が高じて山小屋スタッフになった」というタイプ。お客さんとして山小屋に来たことがある人も多い。

登山との出会いは人それぞれだ。大人になってから登山を始めた人、学生時代から山岳部という人、「親が山好きで小さい頃から山に連れていかれた」という人。

そういえば以前、「子どもの頃、親に連れられてこの山小屋にきたんです」と話す一回り年下のスタッフがいた。

彼が、「これってサキさんですよね?」と見せてくれた動画がある。小学生くらいの少年が山小屋で買い物をしていて、接客をしているのは、たしかに23歳の私だった。

「これ、俺のお母さんが撮影した動画です。この子どもが俺です」

この少年が二十歳になるんだから、そりゃあ、私も年をとるよなぁ……。なんだか複雑な気分だった。


初めてのプライベート登山! 山に目覚めたかというと……

初めてプライベートで登山をしたのは、一年目の秋。

契約期間を満了して下山するとき、付き合いはじめたばかりの彼氏(今の夫)と縦走することになった。彼はまだ契約期間中だけど、私の下山に合わせて休暇をとってくれたのだ。

縦走とは、山からとなりの山へと歩くこと。私たちは二泊三日で山小屋を泊まり歩いて縦走した。

そのルートは、はしごや鎖場がある中級者向き。当然、落ちたら怪我をする。そのスリルがなおさら、冒険をしているようで楽しかった。脳内BGMはインディージョーンズのテーマだ。

今思うと、山小屋の勤務が終了した解放感と、初めての縦走デートで浮かれていたのだろう。

まだ自分のペースというものが掴めていないから、ハイペースでガンガン歩いてしまい、「私、歩ける……!」と万能感に浸っていた。事故に遭わなくて本当によかった。

それがきっかけで登山に目覚めた。

……と言いたいところだけど、実はそうでもない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

stay_foolish82 「よし、朝だ!」というのも、「あーあ、朝か」というのも、考え方次第です。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

ZiziEDO まさにそう❗ 私も実はそこまで好きではない、的確に代弁してくれてます❗ スッキリしました😊👍 7ヶ月前 replyretweetfavorite

POTAKA3k190M その感覚何となく分かる。昔、仕事で行き詰まると頭のなかを真っ白にするためだけに山へ出掛けることもあった。 7ヶ月前 replyretweetfavorite

bymbolirudolf 登山については「イェ~イ楽しい!」レベルのしかしたことないけど、「無」の状態… https://t.co/qcg4eVIipz 7ヶ月前 replyretweetfavorite