桜田五輪大臣が数日で忘れられていく感じ

今回取り上げるのは、問題のある発言をして五輪相を辞任した桜田義孝議員。辞任した途端に報道が止み、あっという間に過去の人扱いになっています。本当に問題は解決したのでしょうか、桜田議員について武田砂鉄さんが考察します。

もうすっかり過去の人

このコラムがアップされるのは毎週水曜日で、原稿の締め切りは火曜日のお昼まで、イラストを書いてもらう都合上、前週の金曜日には書く人を決めなければいけない。これから五輪担当大臣を辞めた桜田義孝議員について書くわけだが、彼が自民党・高橋比奈子議員の政治資金パーティーで「復興以上に大事なのは高橋さん」と述べ、即日で辞任に追い込まれたのが水曜日、新聞やニュースで集中的に報じられたのが木曜日だ。つまり、彼が辞めることになってから1週間しか経っていないのに、もうすっかり過去の人になっている。「いまさら桜田の話なんていいよ」と、アクセス数も奮わないはずである。

安倍首相「任命した私に責任がある」

桜田議員という存在を否定するのは簡単、それよりも、なぜあの程度の人が五輪担当大臣という要職に居続けられたのかを考えるべきだろう。とはいえ、自分が経験したことのない職務について「あんなの、誰でもできるだろ!」と雑に片付けるのは、保育士の給料はなぜ低いのかを問う記事を貼り付けて「誰でもできる仕事だからです」とツイートした堀江貴文のようで気が進まないが、桜田を見ていると、さすがに誰でもできそうに見える。サイバーセキュリティ対策も担当していた桜田だが、パソコンを使用したことがなく、その理由を「25歳の時から独立してやっており、従業員や秘書に指示をしてきたので、自分でパソコンを打つことはない」と豪語した。このご時世、最大のセキュリティは、自分でパソコンを打たないことだと教えてくれた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「ここでしか書けない」 言葉の在庫を放出した。

往復書簡 無目的な思索の応答

又吉直樹,武田砂鉄
朝日出版社
2019-03-20

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

megamurara 問題解決に至らないが問題。が、一丸思考が神を超える。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

htarchan 日本の膿を描写してくれる、いい文書だ! #スマートニュース 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

pol_and_eco |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) https://t.co/ZHlvA6c9OS 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

Travel_Pisce 無能な彼しか出来ない仕事をやり遂げた、という視点は面白い。 https://t.co/QU9LjYfaIS 約1ヶ月前 replyretweetfavorite