上野千鶴子さんに祝ってもらえなかったと思う人への祝辞

東京大学入学式の上野千鶴子さんの祝辞が反響を呼んでいます。性差別や社会的不平等があるという現実にふれたうえで、「あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください」と訴えた上野千鶴子さん。賛同する声も多いなか、「祝辞にふさわしくない」と悲しみ怒っている人もいます。牧村さんは、そんな「祝ってもらえなかった」と感じている人たちに向けて、優しく力強いメッセージを贈ります。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

学問開始、おめでとうございます。

初めまして。高卒女性です。だからわたしに「ようこそ東京大学へ」とは言えない。だけれど「おめでとうございます」を伝えたくて、心から伝えたくて、この文章を書いています。

「ようこそ、東京大学へ」
「ご入学おめでとうございます」

……平成最後の東京大学入学式で、東大名誉教授/NPO理事長の上野千鶴子さんはそうおっしゃいました。このことは東京大学公式サイトからも、日テレNEWS24のノーカット動画からもはっきり確認することができます。

が、この祝辞に「祝辞じゃないじゃん、祝ってよ」と、悲しみ怒っておられる方もいらっしゃるようですね。

祝辞には、他大での不公正入試の話題や、東大・東大院の男子学生が私大の女子学生に飲酒を強要し暴行した上で「彼女は頭が悪いから」と語った件、歴代東大総長が全員男性であることをはじめとした学内各所の男女比率の統計、そして「がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだった」とする部分が含まれていました。

ここでのわたしの切り取りではなく、できればまずは東大公式サイト動画で、祝辞の全容に触れていただきたいと思います。その上で「祝ってもらえなかった」と感じたあなたに、わたしは、この文章を捧げたいのです。

話を進めます。

「祝ってもらえなかった」と感じる方は、こう思っていらっしゃるかもしれない。

「こんなに努力して東大合格したのに、“恵まれた環境に生まれたからだろ”って言われるのか」

「祝辞じゃないじゃん、説教じゃん。入学式だよ? 祝ってよ」

「“東京……の、大学です”って言うことでなんとか生き抜いてきた女子学生を、どうして引きずり出そうとするの。せっかく静かに生きようとしているのに、どうして騒ぎを起こそうとするの?」

「説教された」

「怒られた」

……って。

わたしのこの文章も、たぶん、警戒されてますよね。

「こいつは上野派か、反上野派か?」
「どうせフェミがジェンダーとか差別とか言って説教してくるんだ」
「恵まれない高卒の弱者様です! って顔で東大生に物申したいんだろ(笑) はいはい差別差別(笑)」

って、たぶん、思われてますよね。違うかな。これは、わたしがあなたを怖がっているだけかな。

でもとにかく、繰り返しますけど、わたしはあなたに「おめでとうございます」を伝えたいんですよ。そして、「怒られた」「こんなに頑張ったのに褒めてもらえなかった」と感じる人をも、上野千鶴子さんは励ましたかったんだと思う、って、伝えたいんです。誰に怒られたって、誰にも褒めてもらえなくたって、誰にも認められなくたって……原文を引用しながら言うと「東大ブランドがまったく通用しない」ところでだって、「人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます」って、励ましてくれたんだと思うよ、って、伝えたいんです。

警戒、解いてもらえたかな?

わたしはあなたに、「弱者」とか「女性」とか「高卒」として話をしようとは思いません。

確かに高卒女性だし、強者ではないと思う。文筆家として個人事業を営む上で、「この分野で学位がないから」と出版企画が通らなかったりもしました。学生時代も、学費納入猶予をしてもらいながら肉屋と家庭教師と撮影会とイベコンとパチンコ屋のティッシュ配りのアルバイトを掛け持ちしたけれど、バイト先が夜逃げ倒産して自分も文字通り起き上がれなくなってだけど国民健康保険証がないことを理由に心療内科受診を断られ、大学も除籍になりました。で、高卒です。で、「正直高卒は契約社員止まりなんだよね」と20歳の時に言われ、今年32歳になりますが一度も正社員になったことがありません。そういう“社会の荒波”みたいなやつに揉まれるのって、多分、みなさん東大生も同じなんですよね。

「東大生はプライドが高くて使いづらいからバイトの面接で落とす」
「東大生は勉強ばかりで視野が狭いから役職に就かせると危ない」

両方、わたしが実際に耳にした言葉です。

これが、これらが、学歴差別でなくて何でしょうか。

それは東大生の問題じゃなくて、あなた自身のコンプレックスですよね? と、わたしは申し上げました。そうしたら相手の方が、なんておっしゃったと思いますか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tabezarashi 「学問とは、学び・問うことです。」 じんとくる内容。 https://t.co/9ZlE8g1rsH 27日前 replyretweetfavorite

lije_bailey だけど上野センセの東大祝辞 https://t.co/9S0oeSFLdI やそれに対する牧村朝子さんの文章 https://t.co/IhvpeJU8Bl にもあるように、作られたレーンで誰かのお眼鏡にかなうための「お勉強」では… https://t.co/Q5lYnKULSV 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

notkitasima #スマートニュース 後半加速、とりま初学者に辛辣すぎなんだよなあ 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

tatuki_h 「学問開始、おめでとうございます」「孤高の「知りたい」は、「認められたい」という孤独の苦しみに勝るのです」https://t.co/zzDgYdDMv0 約1ヶ月前 replyretweetfavorite