出口治明(ライフネット生命) vol.1 ライフネット生命はなぜ「おもしろい」のか

日本株ファンドの「ひふみ投信」を立ち上げた敏腕ファンドマネージャー、藤野英人。藤野氏がイケてる日本の経営者にインタビューし、日本経済回復のヒントをさぐる対談シリーズの「オヤジ編」がスタートする。「オヤジ編」に登場いただくのは50歳以上の経営者。最初のゲストは、60歳で戦後初の独立系生命保険会社を立ち上げたライフネット生命の出口治明社長だ。出口社長は以前、藤野氏にインタビューしたこともあり(記事)、対談は明るくリラックスしたムードで始まった。楽しいエピソードや出口社長の考えから、風通しのいいライフネット生命の社内が垣間みえる。

「これだから60代は頭が固くてダメなんです!」

藤野 ライフネット生命は生命保険をインターネットで販売している会社だけに、ウェブの広告やPRに力を入れていらっしゃいますよね。出口さんがマーク・ザッカーバーグや芸人の真似をしている写真に台詞を入れる企画は、見た瞬間思わず笑っちゃいましたよ。僕もいくつか投稿しました。

出口 あれは、東証マザーズ上場の記念に、はてなと企画したキャンペーンだったんですよね。いきなり「撮影するんで1時間空けてください」といわれて、言われるままに撮影したんですよ。で、2〜3週間してから社員に「あれ、誰の真似か知っていますか」と聞かれて「いや、全部知りません」と(笑)。

ライフネット生命広報 えっ、知らなかったんですか。私は「さすが出口さん、facebook創業者のあのポーズ知ってるんだ」と思っていたんですけど……(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
イケてる経営者が日本を救う

藤野英人

日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャー藤野英人氏がイケてる日本企業の経営者にインタビューし、投資家の目線で成長の秘密をひもといていく対談連載。50歳未満の「アニキ編」と50歳以上の「オヤジ編」の2編...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード