ドラマでも小説でも漫画でも雑学本でも幕末・維新はなぜ人気なのか?

この『超日本史』でもそうだが、江戸幕末と明治維新はなぜ人気なのか? 明治維新は、30歳代の人材によって推進された。現代の会社にたとえるなら、平社員か係長、せいぜい課長というところだろう(実際彼らも、武士としての身分は多くがそんなものだった)。その若々しくて、危なっかしくて、でも世の中がどんどん変わっていく所に、なんだか老成して変われなくなってしまった現在の日本に生きる我々は、魅力を感じるのだろう。

幕末・維新は、ドラマでも小説でも漫画でも雑学本でも、一番人気がある所だ。ぼくは過去に何冊か日本史の本を書いているが、やはり幕末・維新の箇所では力が入った。そういえば、幕末のドラマも書いたことがある。

三百年続いた徳川の時代が終わり(同時に、七百年近く続いた武士の時代が終わり)、日本が世界に呑み込まれるか、世界に進出していくかを模索する激動の時代だ。坂本龍馬を始めとする魅力的な人物もたくさん登場する。時代の激流に巻き込まれた人々の、胸熱なエピソードや、悲劇的な出来事もいっぱいある。

もちろんそれらが人気の理由なのだが、それだけではない。


以前、他の本でだが、明治元年(1868)に幕末・維新の重要人物は何歳だったのかを調べてみたことがある。

現在と同じ満年齢に換算してみた。明治を見ることなく亡くなった人物は、もし彼らが生きていたら何歳で明治を迎えることになったかも、(   )で加えた。こうなる。


27歳 伊藤博文

28歳 (久坂玄端)

29歳 (高杉晋作)

30歳 山県有朋・後藤象二郎・大隈重信

31歳 三条実美

33歳 井上馨・福沢諭吉・(坂本龍馬)

34歳 (橋本左内)

35歳 木戸孝允

38歳 大久保利通・(吉田松陰)

41歳 西郷隆盛

43歳 岩倉具視

44歳 大村益次郎

45歳 勝海舟

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

日本史がこんなにわかっていいのだろうか? 画期的一気集中日本史理解本

この連載について

初回を読む
一日で一気に学ぶ 超日本史

藤井青銅

学校で1年間かけて少しずつ丁寧に歴史を教わったにもかかわらず、私たちが覚えているのはどれも断片的なことばかり。 アタマの中にある日本史の知識はグチャグチャにこんがらがって、全体像がちっとも分からない。ならば“ゆっくり丁寧に”ではなく...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saysaydodo このタクシー四社(大日本帝国)の話は、驚き、腹立ち、切なく思ったのだ→ 1年以上前 replyretweetfavorite