裕福なネパール人が日本の山小屋で働くワケ

毎年、夏の間だけ、北アルプスの山小屋に働きに来るネパール人の兄弟。シェルパ族である彼らは身体能力も高く、北アルプスは「通学路」に似ているのだとか。地元で裕福な暮らしを営む彼らが、わざわざ日本の山小屋に働きにくる理由とはなんなのでしょうか。

私のいた山小屋では毎年、夏の3ヶ月間だけ、ネパール人のスタッフが働きに来ていた。

シバ兄とラムさん(いずれも仮名)。40代で、シェルパ族の兄弟だ。

お客様の中には、彼らのことを「貧国から出稼ぎに来ている貧しい人」だと思い込んでいる人が多い。

しかし、そんなことはない。Facebookで見る彼らの暮らしは、平均的な日本の家庭と同じくらいか、それよりもやや裕福なほうだと思う。

では、彼らはなぜ日本の山小屋で働くのだろうか?


暮らしぶりは豊か。だけど、日本で働く理由

「あの歩荷さん、一回いくらなの?」

スタッフが歩荷(ぼっか)をしていると、お客様からそう聞かれることがある。

歩荷とは、荷物を背負って運ぶこと。物資はだいたいヘリで上げるのだけど、急ぎのものだとか、ヘリで間に合わないときは歩荷で運ぶ。

ほかの山域には歩荷を生業としている「歩荷さん」もいるけど、北アルプスにはほとんどいない。北アルプスで歩荷をしているのは、だいたい山小屋スタッフだ。

スタッフにとって歩荷は業務のひとつで、「一回いくら」という歩合制ではない。だからそう答えるし、お客様もだいたいはその回答で納得してくれる。

だけど、歩荷しているのがネパール人スタッフだったとき。

「でも、あの外国の人たちは違うんでしょ?」と(妙に断定的な口調で)食い下がってくる人がたまにいる。

何を根拠にそう決めつけるのかわからないが、日本人もネパール人も、業務内容は同じだ。


シバ兄とラムさんはそれぞれ、エベレスト街道の途中にある村・ナムチェバザールでロッジを営む経営者。7~9月はエベレスト街道が閑散期のため、その間だけ北アルプスで働く。

ロッジは大きく立派で、一家もそこに住んでいる。車が入れないような山奥の村なので、子どもたちは都会の全寮制の学校に入れ、大学まで出している。ふたりもそうやって教育を受けたらしい。ラムさんはわからないけど、シバ兄は大学で法律の勉強をしていたそうだ。

そんな山奥なのにネットは繋がっていて、スマホを持っているし、たまにメッセンジャーで唐突に自撮りを送ってくる。Facebookでは、村人たちを大勢連れて海外旅行に行っているのを見た。日本に来たときも、山小屋での仕事を終えると、買い物や旅行に繰り出しているようだ。

ど田舎だから暮らしぶりはシンプルだけど、貧しいという感じはまったくない。

では、なぜ日本で働くのか?

この原稿を書くにあたってネパールにいるシバ兄にメッセンジャーで質問したところ、「日本の山小屋で学んだことを自分の山小屋経営に活かすため」との答えが返ってきた。

思っていた以上に意識高い理由じゃん……。

ちなみに、シバ兄と話すときは日本語だけど、文字でのやりとりは英語。私は英語がわからないためグーグル翻訳を使っている。シバ兄は日本語も英語もペラペラだから、たぶん翻訳ソフトを使わずに書いているだろう。

そういえば新人の頃、私の英語のできなさをシバ兄に

「あなた、子どもの頃、勉強しないでSMAPばかり見てたでしょ。日本の女の子、SMAP見て勉強しない子いっぱい。ダメよ」

とイジられた。

勉強しない子がSMAPファンとは限らないが、まさに勉強嫌いのSMAPファンとして子ども時代を過ごした私は、シバ兄の観察眼にたまげた。

彼はとてもクレバーだ。

スタッフ同士の人間関係にも敏感で、「夜に○○と××の上履きが勝手口にあった」など、よくチェックしている。上履きが勝手口にあったということは、そのふたりが一緒に星を見に行った(=カップルになる?)可能性を示唆している。

シバ兄の目を盗むのは、非常に難しいのだった。

※エベレスト街道とは、ルクラという町からエベレストの麓までトレッキングするルート。エベレスト登山とは違い一般人でも可能で、世界中からトレッカーが集まる。


「北アルプスは通学路に似てる」

シバ兄とラムさんはシェルパ族だ。

シェルパ族とは、ネパールの少数民族。最近は民族に関わらず、ヒマラヤ登山の荷物運びや案内役を「シェルパ」と呼ぶこともあるけど、彼らは「シェルパ族」だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

may_sakamo 【|小屋ガール通信|吉玉サキ|cakes(ケイクス)】 世界にはそんな暮らしをする人もいるのかと、全然知らなかった生活を垣間見られた。面白かった。 https://t.co/sMVrtSWLiJ 7ヶ月前 replyretweetfavorite

tokizo Tシャツ同じ人が2人がツボ (そこじゃない) 7ヶ月前 replyretweetfavorite

unchama07 いいな〜 このTシャツ。ネパールの山登って、Tシャツ買いたい🇳🇵 7ヶ月前 replyretweetfavorite

izaken77 「あなた、子どもの頃、勉強しないでSMAPばかり見てたでしょ。日本の女の子、SMAP見て勉強しない子いっぱい。ダメよ」 7ヶ月前 replyretweetfavorite