相手のために「縁を切る」ということ

父は「自己愛性パーソナリティ障害」なのではないかという疑念から、父の個展に行くも、そそくさと逃げ出してしまったより子。彼氏がそうだったという先輩に相談してみることにしますが……。「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・あべぴよりさんの半生を描いたエッセイです。

※前回のお話はこちらから。

※作中にある「自己愛性パーソナリティ障害」の記述は、正確な情報を述べるものではありません。障害に興味を持たれた方は、信頼できる精神科医等が出版されている書物や、公的機関が発表している情報をご参考ください。

※前回のお話はこちらから。

あべぴよりさんの作品を、もっと読みたい方はこちら


この連載の書籍化を希望する出版社、大募集中!
(お問い合わせは support@cakes.mu まで)


この連載について

初回を読む
母が死んだら、困る。

あべぴより

これは、少しずつ間違い続けた、わたしたち「家族」の物語ーー。今から24年前、青森県で暮らしていた少女・より子は、優しくてあったかい、おばあちゃんの家で過ごす時間が大好きだった。だけど、家に帰ると……。「cakesクリエイターコンテスト...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

abeyoriyori 【番外編】南部せんべい何つけて食べるか?論争 cakes連載「 14日前 replyretweetfavorite