相手のために「縁を切る」ということ

父は「自己愛性パーソナリティ障害」なのではないかという疑念から、父の個展に行くも、そそくさと逃げ出してしまったより子。彼氏がそうだったという先輩に相談してみることにしますが……。「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・あべぴよりさんの半生を描いたエッセイです。

※前回のお話はこちらから。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
母が死んだら、困る。

あべぴより

これは、少しずつ間違い続けた、わたしたち「家族」の物語ーー。今から24年前、青森県で暮らしていた少女・より子は、優しくてあったかい、おばあちゃんの家で過ごす時間が大好きだった。だけど、家に帰ると……。「cakesクリエイターコンテスト...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suzuku 話が出来ない、通じない人には縁を切るのが1番いいのかもな。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

abeyoriyori 【番外編】南部せんべい何つけて食べるか?論争 cakes連載「 6ヶ月前 replyretweetfavorite