生理がある体を生きてる

女性に毎月やってくる生理。個人差はありますが、下腹部や腰のひどい痛みや吐き気、頭痛などで寝込んでしまう人もいます。「月経前症候群(PMS)」という症状もあるように、生理前から具合が悪くなるという女性も少なくありません。今回、牧村さんはご自身の経験を交えながら、「生理がある体を生きてる」感覚について綴ります。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「生理で具合悪くて人生うまくいかない」と落ち込んでしまう人を励ます記事を今日は書こうと思ってたんだけど、書けなかった。生理で具合悪いので。

具合悪い。だって内蔵の内側が剥がれ続けるんだよ。つらいよ。いたいよ。ねむたいよ。そしてものすごく陰気。生理前〜排卵日にかけて、実に二週間くらい……つまり一ヶ月の半分……ってことは一年の半分は具合が悪いので、それはマジですごく人生に不利なのではと自己評価が下がる。でも負けたくない。情報を集める。「昔の女性はひっきりなしに子どもを産み続けたので、産まない女性に比べ生涯の生理の回数がとても少なかったのです」みたいな話が出てくる。あ〜、そういえば与謝野晶子、十二人生んでるわ。えっ、だけど仕事でもものすごい業績残してるじゃん。じゃあ子どもも名作も生んでない自分はなんなの。糸くず? 紙くず? 人間のくず? みたいな気分になり、寝込む。元気な時は、友達の子どもの誕生日にお手紙を書いたりするのに。「お誕生日おめでとう! 春から新しい学校だね。きっといろんな子がいると思うけれど、だれかと自分を比べたりしなくていいんだよ」。わしが比べとるがな。晶子と自分を。

春から新しい学校、にご入学の皆さんにはおめでとうございますを申し上げたいんだけど、同時に、思う。「ああ、入試の時に生理じゃなかったら今頃第一志望にいたかもしれないのに……」って悔し涙にくれている人がきっといるに違いないって。

われわれ、生理のある体を生きる人間は、時に「生理期間とかぶっちゃった」に人生を左右される。もちろんクリニックに相談すれば生理期間をずらしたりできるんだけど、体質、経済状況、家族の理解、などの問題で、それができる人ばかりじゃない。IUS(生理が楽になる黄体ホルモン放出システム)装着も考えたけど、出産していない未産婦はダメですと言われてしまった(※今調べたら、未産婦でも相談に乗ってくれるお医者さんはいるらしい。ハフィントンポストが一覧にしているhttps://www.huffingtonpost.jp/2018/11/10/ius-itiran_a_23585769/)。まあ要するに、生理を楽にする方法はいろいろあるけれど、それができるとは限らないね〜って話だ。

つらい。

これで歳を重ね、やっと生理から解放されるう〜! と思ったら今度は更年期障害が来るのか。と思うと、本当に鬱々とした気持ちになる。

「鬱は筋トレで治る!」 筋肉モリモリのお兄さんがポーズをキメる。あれになりたかった。ぼく、あれになりたかった。なにもかもをモリモリ筋肉で解決するパワー系お兄さんになりたかったよう! うわぁん! っつか「鬱で筋トレが治る」だあ!? この脳筋! 鬱の人間に筋トレができると思うのか!? えっ、あれっ、「鬱で筋トレが治る」とか書いちゃってるよ!? だめだ! 書けない! おなかいたい! 寝る!! ……寝たら明日、締め切りが来るわ。やらなきゃ。原稿。

というのが、わたくしの日々である。「女性の」とか「生理と生きる人の」という主語にはしない。個人差があるからね。あくまで、わたくしの、つらみである。

しかしまあ、これだけ暗い具合悪い日々を送ってきて、それでもよくなんとか生きてきたよね。えらいね。というきもち。であると同時に、思う。「ああ、あの大事な仕事の日に、あの勝負の日に、あの日に生理の体調不良さえなければ、今頃もっと成功してたかもしれないのに!」と。現に、今日は朝8時に起きて一日執筆できたのにすでに2本の原稿を丸ごとボツにして現在25時である。頭が回らない。「鬱で筋トレが治る」とか書いてしまったレベルに頭が回らない。本当は寝ていたい。ぽんぽんにゆたんぽちゃんあててねんねしたいよう。でも締め切り来ちゃうじゃん。ああ。ああ!

寝た。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ymzk_10fu もう少し楽に過ごせる仕組みになれば良いのにって思ったりする 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

rr_bkmk わかる、ほんとにわかる……一年の半分をただでさえ出来損ないのさらに最低値で生きている……でも… https://t.co/Ks0D9RmpDd 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

lenchroot わかりみしかない: 約1ヶ月前 replyretweetfavorite