時代の変わり目にこそ、アクションを起こしたほうがいい

小野直紀さんと嶋浩一郎さんによる『会社を使い倒せ!』刊行記念対談、最終回。副業解禁など、働き方もますます多様化するなかで、社会における自分の価値を知ることも大事だとお二人が語ります。これまでの常識が通用しないような変革の時を迎えている今だからこそ動くべき理由とは? cakesにて公開中の本編とあわせてどうぞ!(司会:ブックライター 上阪徹)

社会における自分の価値をメジャーメントするための副業

嶋浩一郎(以下、嶋) たしかに組織を動かすのはめんどくさいし、時間もかかる。でも、一回物事が動きはじめると、組織に属していたほうがスケールしますよね。だから、社会的価値で自分もメジャーメントしている人は、それぐらいの気概で仕事をしたほうがいいし、プロフェッショナルの集団としては、それで全員が気持ち良くなると思うわけです。

左:嶋浩一郎さん/右:小野直紀さん

—副業OKの会社が増えてるんですけど、副業OKって、つまりはもう「うちの会社では面倒みられないんで好きにやっていいよ」っていうふうに聞こえるんです。それも含めて、働き方そのものがこれから変わっていかなくちゃいけないと想像してるんですけど、このあたりいかがですか?

 副業についてはちょっと僕は整理がつかないところがあって、「全部仕事でしょう!」と思っちゃうから。どっから副業かどっから本業か自分にとっては区別がつかなくて。原稿書く仕事もあるし、取材を受ける仕事もあるし、ラジオ番組出る仕事もあるし、クリエイティブディレクターとして広告をつくる仕事もあるし、でも編集者として雑誌つくる仕事もあるし、この本屋の経営者の仕事もあるし、コミュニケーションに関わることは全部自分の仕事であると思っちゃうから、基本的には全部会社の収入で、それに対してどう評価してくれるかって思っているんですけど。
ただ、副業は、社会における自分の価値をちゃんとメジャーメントするという意味においては、すごく気づきを与えてくれるとは思います。結局、給料を上司が決めて、査定を上司が決めてってやってると、多くの会社で「上司のためにいい仕事をする」みたいな感覚になってっちゃうわけですよ。「え? でもサラリーマンになった時、上司のために仕事をしようと思って会社入ったっけ?」って、そんなことあるわけないじゃないですか。


会社の中で、自由な経営者として働く

 だけど、なんかだんだんサラリーマン長くやってて、結婚して子どもができて守るものができたりすると、今年のボーナスも上司に評価されなきゃいけない、みたいな状況になってっちゃうのは、相当不幸ですよね。だから、社会の中の価値を会社が評価してくれるっていうことのほうが健全かな、と。そういう意味では、副業はありじゃないですか。

小野直紀(以下、小野) 博報堂は副業、禁止なんです。僕がYOY(ヨイ)でやっている収入は、僕に入らないようになっています。

 僕もそうだよ。卵かけごはんのイベントやったり、写真集作ったり、勝手にいろんな仕事やってますけど、基本的に博報堂の収入です。でも、それをできるようにしてくれたのは、博報堂のおかげだって思う部分がすごくあるんです。博報堂は学校だったし、だとしたら、自分がもしこの歳になったら先生になって、下の子を育てられたらいいな、とも思う。実際には、さっき言ったように下の子から教えられることもすごいいっぱいあって、その環境の中に身を置いていたたほうが、僕も教えられているんですけどね。

 独立して一人でやっている子たちもいっぱいいて、彼らの働き方も見てるし、より自由度が増すのもわかるんですけど、僕は結構特殊で、独立するのと、会社員のまま残るのと、その中間的に会社の経営者ですから。今まで博報堂のサラリーマンだった人が、博報堂が株主総会に来る株主になって、博報堂にちゃんと配当を戻してれば、自由な経営者としてできるわけです。なんかそういうオルタナティブなかんじも、これはこれですごい、自分としてはいいなと思ってるんですけどね。

会社と対等に渡り合えるプロサラリーマンに

—それが新しいですよね。双方で使い倒してるみたいなかんじですかね。会社も嶋さんを使い倒し、嶋さんの会社を使い倒してるっていう。

 そうですね。でも、小野くんも結局そういうことだと思うよ。あ、だから、それはさっきの、社会における価値が評価されてるってことは、会社とそういう意味で対等に渡り合えるっていうことだと思うんです。プロサラリーマンは結局そうなっていかないといけない気がします。プロサラリーマンの選択として、ちゃんと自分はこれだけのプロフェッショナルの能力を発揮したから、これだけの給料くださいって言うのか、これで独立しますっていう判断をするのか。いずれにしろプロサラリーマンにならない限り、その選択もできないわけで。

—ちなみに僕、フリーになって25年なんですけど、毎月お給料が入ってくるってことがいかに奇跡的なことかっていうのをものすごく実感してるんですよね。


右:「毎月お給料が入ってくることは奇跡」と語る司会の上阪徹さん

 奇跡ですよね。

—奇跡です。なんの保証もありませんから。

 今日、最初手挙げてもらって、奇跡がこんなに起きているって(笑)。すごいですよね。

—全然反対はしないです、今だったらいつでも戻れるので。でも、あー戻った方がいいなら戻った方がいいよって。

 今日一番熱がこもってる話。すごいいいですね。

—それは言っておかないと(笑)。それも含めて、プロサラリーマンでもいいし、プロワーカーでもいいんですけど、働き方自体をたぶんちょっと意識チェンジしておかないといけない。そのためにも、会社を使い倒すヒントを差し上げられたらなと思ってるんですけど。

小野 なんか今、すごい変わり目だと感じてらっしゃる方も多いんじゃないかなと思うんですよね。ほんとにフリーでどんどん独立して、フリーでやってる方も多いですし、起業して、ちっちゃい会社からどんどん大きくして活躍されてる方も多いですし。副業みたいなものが解禁されて、働き方がどんどん変わっていって、すごい変わり目だと思うんです。

小野 だから、絶対動いた方が得というか、変わり目の時にじーっとその場にいるよりも、もちろんそこで満足してるんであればいいのかもしれないですけど、でもたぶんここに来てるってことは多少なりともなんかモヤモヤされてるのかな、みたいなかんじはあるので。絶対動いた方が。

 そんなに背中押しちゃう発言しちゃっていいの?(笑)

会場 (笑)

小野 いやマジですよ!


常識だと思っていたことが、どんどんぶっ壊れていく時代

小野 この本、『会社を使い倒せ!』ってタイトルで、博報堂がよくこのタイトルで出したなあって言われるんですけど、僕、これ説得する時に、これは社内の人に対する「会社を辞めるな」っていうメッセージですって言ったんです。転職もいいと思うんですけど、会社の中で求められているポジションにいるんだったら、求められてないことに行くなり、違うことをやった方が絶対に得ですね。なぜなら、ほとんどの人は動かないから。動かない人がいるうちに動いたほうが得なんじゃないかなっていうふうにはすごく思います。

 今のは示唆がありますよね。自分はいた部署から動かないけど、そこにいろんなものを持ち込むこともありますね。

小野 それも動いたってことですよ。

 でもほんとにね、この数年でめっちゃ変わっていくと思いますよ。さっきのキャッシュレスとか、シェアエコノミーとかじゃないですけど、車がコネクテッドカーになって情報端末になって、家がスマートホームになって情報端末になって、トイレもIoT化してドアもIoT化して鏡もIoT化してってっていう世の中になるわけでしょ。今まで情報ってマスメディアを通じて入ってきたけど、ベッドも車も自動販売機も店も全部情報端末になっていくと、もう明らかに生活が変わっていくと思うのですよ。

 さっき言ったような今までの常識とは違うようなことをやることがすごい大量に起きると思う。この2年ぐらいで。だから、気が狂ったことやったほうがよくて、そんなのありえないよって今思うようなことが、意外に本当に起きるんです。そういうビジネスがやりたいんですっていうようなことがあるなら、動いたほうがいいですね。こういうことが世の中に起きるから、ウチの会社こういうビジネスをしたほうがいいとか。今までの整理整頓がガラガラポンになるわけじゃないですか。
車メーカーがモビリティサービスカンパニーになる。携帯通信事業が金融会社になるかもしれない。常識だと思ってたことが、どんどんぶっ壊れていくわけです。だから、これはおかしいんじゃないかなって自分が思ってることは、おかしくないと思うんで、バンバン当ててったほうがいいと思いますよ。残念ながらおじいさんたちは変えたくないみたいなことを思う人がいるかもしれないんだけど、今時の会社の経営者って、そのドラスティックに市場が変わってくこととか、ちゃんとわかってるから、意外にウェルカムなかんじで受け入れてくれる素地はできてる気はしますね。

(司会・構成 上阪徹/撮影 福井裕子/場所 本屋B&B)

全国書店にて好評発売中! 注目の博報堂クリエイティブディレクターによる、会社を辞めずに「やりたい」を仕事にする方法!

会社を使い倒せ! (ShoPro Books)

小野 直紀
小学館集英社プロダクション
2018-12-20

この連載について

初回を読む
僕らはこうやって会社を使い倒した—小野直紀×嶋浩一郎対談

嶋浩一郎 /小野直紀

広告会社でモノづくりをするという異色のプロジェクトを実現した博報堂・小野直紀さんの著書『会社を使い倒せ!』。発売を記念して下北沢の本屋B&Bで行われたトークイベントの模様をcakesにて公開します。ゲストにお迎えしたのは、同じ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shigekey "結婚して子どもができて守るものができたりすると、今年のボーナスも上司に評価されなきゃいけない、みたいな状況になってっちゃうのは、相当不幸ですよね。" | @ononaoki 小野直紀×嶋浩一郎対談 https://t.co/FP2L9y3owz 4日前 replyretweetfavorite