素材の風味が際立つシンプル筍ご飯

45回目のテーマは、いまが旬の「タケノコご飯」。サツマイモ、栗など炊き込みご飯全般に応用がきく考え方をご紹介します。ポイントは出汁のきかせ方とお米への吸水のさせ方。ご飯の甘みとタケノコの風味がいきたタケノコご飯が作れます。

旬の食材を味わうことは料理の楽しみですが、慣れない食材は購入することをためらいがち。タケノコはそんな食材の一つではないでしょうか?

タケノコの最盛期は4月から5月のGWの手前くらいまで。この時期はスーパーでも生のタケノコが出回ります。自分で生から茹でるとひと味もふた味も違いますが、そこにハードルを感じる方には新タケノコの水煮を使うのがおすすめです。

今日はタケノコご飯をつくりながら、炊き込みご飯のコツを解説します。考え方さえわかれば夏はトウモロコシやショウガ、秋にはサツマイモや栗、冬は牡蠣や大根など自由自在。上手に炊けたタケノコご飯からはトウモロコシのような甘い香りがして、かすかに残るほろ苦さが春を感じさせてくれるはず。

この連載の第一回でご飯の炊き方を解説しましたが、炊き込みごはんはその応用。注意点は調味料を加えるタイミングです。それではさっそくつくってみましょう。


タケノコご飯

材料(2人前)
タケノコ…200g(水煮1パック)
米…2合(300g)
出汁…400cc弱が目安で炊飯器の目盛りにあわせる
 昆布…10g
 鰹節…ひとつかみ
醤油…大さじ1
(好みでえんどう豆(グリーンピース) 6房〜)

作り方

1.出汁をとる。鍋に600cc〜800cくらいの水をとり、昆布を入れて中火にかける。鍋底に細かな泡が浮いてきたら(およそ70℃)、火を止めて15分以上置く。
*昆布と鰹節出汁をおいしく引く秘訣を知りたい方はこちら


2.昆布をとりだし、再び中火にかける。今度は底の泡が浮かんできたら(およそ80℃)火を止め、鰹節を加えて1分間置き、ザルなどで漉す(Tips 1 炊き込みごはんには薄めの出汁を)。冷ましてから使う必要があるので、急いでいる場合は氷水に当てるなどして冷やす。


3.お米はザルを使って研ぎ、濡らしたクッキングペーパーか布巾をかぶせて30分〜1時間吸水させる。(Tips 2 米は事前に浸水させておく)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載やnoteの記事をベースに、書き下ろしレシピも加えた『新しい料理の教科書』が好評発売中です。ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを家庭でいちばんおいしく作る方法をご紹介しています。

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mitsuparabbit たけのこの下ごしらえはもらってすぐでないと!って一昨日の夜やったのだけど、今晩たけのこごはんにしようかな、ということで。 → 11日前 replyretweetfavorite

ymkkym 米ぬかも唐辛子もおまじないやったんか 笑 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

yakuwa_nouen #Yahooニュースアプリ 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

austation “タケノコの最盛期は4月から5月のGWの手前くらいまで。この時期はスーパーでも生のタケノコが出回ります” 簡単にできそうだし明日スーパーにあったら筍ご飯にしようかな 約2ヶ月前 replyretweetfavorite