​告白文化はもうやめませんか?

「告白」が男女が付き合う際の目印になっていますが、その告白文化をやめたいという林伸次さん。リスキーとまでいう告白文化を、林さんはなにが問題と考えているのでしょうか。

ブラジル人は「付き合おう」とは言わない

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

フェルディナント・ヤマグチさんが、「付き合おうなんて言わなくても恋人」ということを書かれていました。やっぱりそうですよね。どういうわけか、最近、若い人の間で「付き合おう」と言わないと恋人ではないという文化があるんです。

僕、一時期、ブラジル人コミュニティの中にいたことがあるのですが、彼らは「付き合おう」とか「付き合ってください」という言葉、言わないんですね。ご存じのように「恋愛大国」なので、しょっちゅう気に入った女性に声をかけたり、パーティーで踊りに誘ったり、愛の言葉をささやいたりして、デートをしてキス、セックスにいたると思うのですが、まあちょっとした「火遊び程度」っていうのも多いんです。

それが、二度三度とデートやセックスを重ねてなんとなく恋人になってきて、みんなが集まるパーティーに「その恋人っぽい関係の人」と一緒に参加して、みんなに紹介したり、実家に呼んで親に紹介したときに、恋人になるんだと思います。実際僕もブラジル人の男性から、「シンジ、世界で一番美しい女性を今から紹介するよ」ってすごく大げさなことを言われて、恋人を紹介されたことがあります。

これ、全部調べたわけではないですが、数人に聞く限り、欧米はみんなこのパターンのようです。誰も「付き合ってください」なんて言わないと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

KSTS0 これはわかりみが深い。//告白文化はもうやめませんか?| 8日前 replyretweetfavorite

moe_sugano 最後の「ずっと本気で片思いでいる」ってのがポイントだよね。→告白文化はもうやめませんか?|林伸次 @bar_bossa | 18日前 replyretweetfavorite

celzephyr 告白文化はもうやめませんか?|林伸次 @bar_bossa | 19日前 replyretweetfavorite

myu360 百里ある エズリアル https://t.co/ffcSeSoSv5 19日前 replyretweetfavorite