いつも電車の中であうあの人と……

あと2日。私の20代はもうすぐ終わる。せめて20代のうちにあの人と話をしてみたい─。単行本『もう一度あいたい』収録作品より第三弾、よしまさこ先生の珠玉の名作『赤い電車に乗って』の2回目です。(前回のお話はこちらです。)

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
もう一度あいたい

よしまさこ

鎌倉の八里ガ丘。海辺の学校を選んだ理由はただひとつ――、それは誰にもいえない。 潮風のなか、あたしの15歳がはじまっていた。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント