文房具売り場の片隅にこそ仕事の効率を上げるアイテムが潜んでいる!

『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社)は、この1年に話題を集めた新商品の中から現場のプロである文房具屋さんが最高の逸品を選ぶ賞だ。今年で7年目を迎え、「文房具屋さん大賞」をまとめた本を制作するのが編集ユニット「choudo」の木庭將さんと上原玲子さん。文房具本の制作を多く手掛け、文房具イベントのプロデュースも行っている。連載7回目は、長崎県を拠点にオリジナル文房具なども販売している「石丸文行堂」の文具担当者と、“地味だけどすごい”文房具の真骨頂をお届けします!

四角いだけのファイルと思うなかれ! 開けてビックリの違いがズラリ

上原玲子(以下、上原) 今回は長崎県に本店を持つ老舗文房具店の石丸文行堂の西田さんに、ファイルや収納文房具についてお話をおうかがいします。いきなりで恐縮ですが、私はファイルや収納文房具って、文房具屋さんの片隅にひっそりとあるイメージなのですが……。

西田隆治(以下、西田) 確かにそうかもしれませんね(笑)。壁に沿って本のように棚にさして販売されていることが多いからでしょうか。なので、私たちの店舗では新商品が出たときなどは、機能をわかりやすく伝えるために、ファイルなどはなるべく平台に乗せて開いた状態にして見せるようにしています。

上原 いま、ファイル用品、収納用品を買いに来られる方って、どんなものを求めてるんですか?

西田 一般の方から学生さんまで幅広くご来店いただくのですが、いかにコンパクトに効率よく収納できるか、そして取り出しやすいかの2点に注目して探していらっしゃる方が多いですね。

上原 学生さんにも需要があるんですね。私が学生のときにも先生から配られるプリントなどで机の隅が占領されていましたが、その当時はクリアファイルできちんと管理しようなんて思いもしませんでした……。

西田 そうですね。ただ、今回の『文房具屋さん大賞2019』のファイル賞1位に選ばれたキングジムのクリアーファイル「カキコ」は、ビジネスユーザー目線で企画された商品だと思います。ビジネスシーンでは、書類に書き込みながらの打ち合わせが多いですよね。「カキコ」は持ち運びしながら即書き込むことができるので、このスピーディさは仕事の効率化にもつながり購入動機にもなっています。


ありそうでなかったクリアーファイル「カキコ」。右(下)図のように袋状のポケットではなく、A3書類を見開きで挟むこともできるので、打ち合わせ中でもそのまま書き込めるスグレモノです!

上原 ファイルって見た目ではあまり違いを感じないんですけど、実は各メーカーがさまざまな工夫をされていて、使ってみると手放せないっていう商品が意外とあるんですよね。

西田 そうなんですよ。なかなかそのよさが伝わらないので、私たちのお店では手書きのPOPなどをつけたりしています。この『文房具屋さん大賞2019』で紹介されたり、テレビで特集されたりすると、一般の方にも優れた機能がよく伝わって私たちもとても販売しやすくなります。

上原 それは、本を作る側としてもうれしいですね。文房具編集者としては励みになります!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

注目の新商品がズラリ! 最高の逸品が決定!

この連載について

初回を読む
発表!「文房具屋さん大賞2019」 

choudo

『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社)は、この1年に話題を集めた新商品の中から現場のプロである文房具屋さんが最高の逸品を選ぶ賞だ。今年で7年目を迎え、『文房具屋さん大賞』をまとめた本の制作を担当するのが「choudo」という編集ユニッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mori_kananan |choudo|発表!「文房具屋さん大賞2019」  春になるとビタミンカラーが売れる、よくわかる。 目に入るものから元気もらっていきたいよね…! https://t.co/q59PY3j0vD 3ヶ月前 replyretweetfavorite