ネタは変わりゆくもの。でも教科書の年号は変わらないのでは……?

『一日で一気に学ぶ 超日本史』でも触れているが、「いい国つくろう、鎌倉幕府」は今や間違い。でも教科書を読んでみても、なんともハッキリしない。というのも、1180年(鎌倉に大倉御所を置き、侍所を設置)、1183年(東国支配権の確立)、1190年(右近衛大将になる)…のどのポイントでも、「実質的に、ここから鎌倉幕府が始まったと言える」ということだからようだ。なにしろ当時、頼朝は、「みなさん、今日から鎌倉幕府が始まります!」なんて宣言をしていないんだから。歴史の複雑さと面白さはこんなところにもあるようだ。

鎌倉幕府はいつできたのか?

今回、かつての本を加筆修正することになった時、最初に浮かんだのは、

「鎌倉幕府はもう、いい国(1192)じゃないんだよな」

ということ。これは「いい国作ろう」の語呂合わせで学生時代を過ごした大人たち(いわば「いい国世代」だね)の多くが、知っていることだろう。しかし、

「では、いったい何年なのか?」

となると、そこのところがよくわからない。

慌てて、現在出ている山川の日本史を買ってきた。


ところが、教科書を読んでみても、なんともハッキリしないんですね。

1185年には壇ノ浦の戦いで平家を滅亡させ、さらに守護・地頭を諸国の荘園・公領に置くことを、朝廷に認めさせた。ここから、最近は、

「いい箱(1185)」

になっているようだ。でも1192年に、やっぱり源頼朝は征夷大将軍に任命されている。それが間違いだったわけではないのだ。ならば、「いい国」だって悪くはない気もする。

いやそれどころか、

1180年(鎌倉に大倉御所を置き、侍所を設置)

1183年(東国支配権の確立)

1190年(右近衛大将になる)

…のどのポイントでも、「実質的に、ここから鎌倉幕府が始まったと言える」ということのようだ。

なにしろ当時、頼朝は、

「みなさん、今日から鎌倉幕府が始まります!」

なんて宣言をしていないんだから(だいたい「幕府」という概念だって、江戸時代にようやくできたようだしね)。


要するに、頼朝による全国支配(幕府的な機能)がいつからスタートしたと見るか、という「解釈の違い」なわけだ。1192だって、1185だって「間違っている」とは言い切れない。ひょっとして、この『超日本史』がまた十年後くらいに加筆修正する機会があった場合、教科書では、

「いい暮れ(1190)」

になっている可能性だって、なくはない。語呂合わせの意味はちょっと不明だが…。

まあ、今回の改訂では(現時点での通説である)1185年にしておいたけどね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
一日で一気に学ぶ 超日本史

藤井青銅

学校で1年間かけて少しずつ丁寧に歴史を教わったにもかかわらず、私たちが覚えているのはどれも断片的なことばかり。 アタマの中にある日本史の知識はグチャグチャにこんがらがって、全体像がちっとも分からない。ならば“ゆっくり丁寧に”ではなく...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

saysaydodo 「政子ちゃん」と「冬彦ちゃん」って、わかる? → 6ヶ月前 replyretweetfavorite