障がいってなんだろう?

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか? 人間関係、勉強、家族、容姿…ストレス社会で生き延びる技術を紹介します。『10代のための疲れた心がラクになる本』をcakesで特別連載!(毎週火曜・金曜更新)

障がいってなんだろう?

 こうしたはっきりと区分できない状況は、あらためて「障がい」について考え直すいい機会になるのではないでしょうか。
 わたしたちは「障がい者」という言葉をなにげなく使いますが、何をもって障がいといっているのでしょう。
 たとえば、「視力障がい者」といったときに、まったく見えない人、全盲の人だけを指すわけではありません。見えにくさにはいろいろあります。普通に社会で生活していくうえで支障がある見えにくさにも、いろいろなレベル、程度があります。
 極端な話、アフリカのサバンナ地帯に暮らす視力が6・0くらいあるのが当たり前の部族の人たちにとって、視力1・5程度しか見えないなんて、障がいがあるとしか思えないかもしれませんね。
 生活に支障があるというのは、その社会の人たちが自分たちの感覚、自分たちのものさしで勝手に決めているものです。
 発達障がいも、障がい特性と呼ばれる要素がものすごく強い場合もあるし、それほどではない場合もあります。いろいろな症状をいくつもあわせもった人もいれば、そうでない人もいます。
 あらゆる障がいというものは、白か黒か、0か100かとはっきり分けられるものではありません。微妙な程度の違いがあるだけ。そして、それはグラデーションの状態で「正常」といわれている人たちとつながっているのだということ。
 そういう視点をもつと、障がいに対する考え方、人との違いというものに対する考え方にも深みが出てくるのではないかと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄医師の最新刊、好評発売中!

この連載について

初回を読む
10代のための疲れた心がラクになる本

長沼 睦雄

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか?人間関係、勉強、家族、容姿...ストレス社会で生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません