相続を争族にしない

#47 お金持ち以外でも十分使える! 「信託」の基礎知識Q&A

近年、信託について急速に認知度が高まっているが、その中身について理解が深まっているとは言い難い。Q&Aで解説していこう。

Q 「民事信託」と「商事信託」の違いは何か

 受託者が財産を託されて管理・運用することが、営利目的(商売)かどうかで異なる。

 投資信託などは商売なので商事信託となるが、下図のような事例では息子は商売として信託を行っているわけではないので、民事信託となる。この二つが、信託の大きな分類となる。

 ちなみに、民事信託には、個人信託(受託者が個人)や福祉信託(障害者がいる家族のための信託)、家族信託(家族が受託者となる)など複数の種類がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
相続を争族にしない

週刊ダイヤモンド

わが家は相続とは無縁。ましてや子どもたちが財産をめぐってモメる“争族”なんてあり得ない。そう考えている人が少なくない。だが、実際はそうではないと、相続の専門家たちは口々に言う。実際に専門家たちが直面した争族の事例をひもとき、争族の実態...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません