ハイデザインで高機能なのに低価格。のりやカッターはここまで進化していた!

『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社)は、この1年に話題を集めた新商品の中から現場のプロである文房具屋さんが最高の逸品を選ぶ賞だ。今年で7年目を迎え、「文房具屋さん大賞」をまとめた本を制作するのが編集ユニット「choudo」の木庭將さんと上原玲子さん。文房具本の制作を多く手掛け、文房具イベントのプロデュースも行っている。連載6回目は、北海道を拠点に展開する全国最大規模の複合店「コーチャンフォー」の文具担当者に実用文具の最前線を突撃取材!

かわいいだけではない! 機能美にもあふれた頼もしいアイテムの数々


上原玲子(以下、上原) 今回は『文房具屋さん大賞2019』の審査員でもある、コーチャンフォーの寺岡さんに、のりやテープ、ハサミ、カッターなど身近でよく使う文房具の最新事情についてお話をうかがいます。で……いきなり関係ないですが、「コーチャンフォー」というのは変わった店名ですね。

寺岡百合絵(以下、寺岡) そうですね。英語では「Coach&Four」と書くんですけど、「4頭立ての馬車」という意味なんです。弊社は北海道の釧路に本社がありまして、書籍、文房具、音楽・映像、飲食の4部門をあわせもつ複合商業施設として展開しているので、それが店名の由来になっています。

上原 前から気になっていたのでスッキリしました(笑)。今回の『文房具屋さん大賞2019』の大賞は、コクヨの「GLOO スティックのり」が受賞しましたね。

寺岡 最近は見た目だけでなく、かゆいところに手が届くような機能が搭載された商品が選ばれるようになっていると感じます。コクヨのGLOOリーズはスタイリッシュなデザインと使いやすさを兼ね備え、ご家庭だけでなくオフィスでも使いやすいデザインのため、会社員の方に人気があります。

上原 のり・テープ賞の1位はニチバンの「セロテープ® 小巻カッターつき まっすぐ切れるタイプ」が受賞しましたね。

寺岡 豊富なカラーとサイズが揃っているので、自分の好みや用途に合わせて選ぶことができる商品なんです。何よりも、まっすぐきれいに切れることで人の目に触れるラッピングなどにも使いやすいと思います。

上原 テープはきれいに切れないと、ストレスになりますからね。


「のり・テープ」部門の受賞作。どれを買ったらいいか迷ったら……全部購入!

寺岡 ニチバンの「テープのり tenori™ イチオシ™」も、デザインがかわいいだけではなく、とても使いやすい商品です。ワンポイントで使えるのりは便利で、細かいところや工作にも向いています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
発表!「文房具屋さん大賞2019」 

choudo

『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社)は、この1年に話題を集めた新商品の中から現場のプロである文房具屋さんが最高の逸品を選ぶ賞だ。今年で7年目を迎え、『文房具屋さん大賞』をまとめた本の制作を担当するのが「choudo」という編集ユニッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません