濃厚でクリーミーな究極の卵サンド

44回目のテーマは、お花見など行楽シーズンにうってつけのサンドイッチ。「卵サンド」と「ピーナッツバターとバナナのサンドイッチ」をご紹介します。卵サンドは、ゆで卵でなくスクランブルエッグを使うことで卵の風味がいきた味わいになります。スクランブルエッグは、ゆっくりと火を通すことが最大のコツ。

春の行楽シーズンにぴったりのサンドイッチ。サンドイッチさえ準備できればあとはハムやチーズなどを購入し、バッグにスパークリングワインとプラスチックコップを詰め込めば気分のいいピクニックが楽しめます。

完璧なサンドイッチをつくるために必要なのは「パンと具材のバランス」と「水分のコントロール」です。

具材はサンドイッチ用の10枚切りのパンの厚みを超えないように注意し、二枚のパンの割合が2に対して、具材の割合が1を守ります。また、持ち歩いているあいだにパンが具材の水分を吸ってぐちゃぐちゃにならないように、パンにはバターかマヨネーズを塗っておきましょう。油脂で表面をコーティングすることで、パンが水分を吸い込むのを遅らせることができるからです。

もしくはハムやローストビーフ、卵といった水分の少ない材料を挟むのも一つの方法です。今回、ご紹介するのは究極の卵サンド。コンビニエンスストアなどで購入できる通常の卵サンドは、ゆで卵を包丁で粗く刻み、マヨネーズで和えたもの。このスタイルは手軽ですが、弱点はマヨネーズの味が強く、卵の持ち味が生きないこと。究極の卵サンドはゆで卵ベースではなく、スクランブルエッグをはさみます。


究極の卵サンド

材料(2人前)
卵…4個
砂糖…小さじ1
マヨネーズ…大さじ1
10枚切りの食パン…4枚
バター…15g(有塩 無塩を使うなら塩を少量加える)
練り辛子…3g(チューブ)

作り方

1.卵をボウルに割り入れ、砂糖を加えて、泡立て器かフォークでよく溶く。室温に戻してやわらかくしておいたバターと辛子を混ぜ合わせて、からしバターをつくっておく*。
*からしバターがうまく作れないという方はこちら


2.弱火にかけたフライパンに卵液を注ぎ、常にかき混ぜながら、ゆっくりと火を通す。(Tip1 卵はゆっくりと火を通すことで濃厚に)


3.固まってきたらボウルに移して、冷水で温度を下げる。マヨネーズを加えて、塊を細かくするようにさらに混ぜる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

食の博識、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、味噌汁、ハンバーグ、チャーハンなどの定番メニューを、家庭でいちばんおいしく作る方法を紹介します。どういう理由でおいしくなるのか、なぜこの工程が必要なのかを徹底的に紹介し、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mougyu_dasen こ・・・これは!!!作りたい! https://t.co/RjZDtBte8P 8ヶ月前 replyretweetfavorite

c___v スクランブルエッグのサンドイッチは今まであんまり好きじゃなかったけどこれはすごく美味しそうだ…明日食べよ😋 8ヶ月前 replyretweetfavorite

Tokyo_Cafemania 樋口直哉さんの卵サンド。これまでに試してきたレシピの中でベストの出来栄えで、2日続けて作ってしまった。 10枚切りパン、忍耐の弱火、氷水。すべてレシピ通りにすると、マヨネーズ味ではない最高の卵サンドになる。 https://t.co/ejIFI0vv2t 8ヶ月前 replyretweetfavorite

musejp これ作ってみたい。 8ヶ月前 replyretweetfavorite