自力」ではなく、「他力」で夢を叶えていくコツ

「見つけるぞ!」とがんばっても、夢は見つからない。「叶えるぞ!」とがんばっても、夢は叶わない。そもそも「夢の正体」は? 夢を叶えるために大切なことっていったい何? 大人気カウンセラー心屋さんが自らの体験をもとに、夢の叶え方をぜ~んぶ教えます。
心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方』(学研プラス)を全文公開!(毎週火・木曜日更新予定)

がんばるのをやめると、
「安心」と「他力」が入ってくる。

がんばっている人は、一生懸命、パタパタと羽ばたいて、どれだけ自分は浮き上がれただろうかと、いつも気にしています。
10 センチ浮き上がったら、それが「成果」であり、「結果」であり、「成長の証」であり、そこにこそ「自分の価値」があると思っている。
そして、がんばるのをやめると、ヒューンと落ちていきます。
これは「自分の価値」が下がることを意味する(と思っている)から、また一生懸命、パタパタと羽ばたいて浮き上がろうとします。そして休めない。

それでも、ちょっとずつ「がんばるのをやめる」ということを試していくと、あるとき、おもしろいことがわかります。

ヒューンと落ちては羽ばたき、
またヒューンと落ちては羽ばたき、
またヒューンと落ちては羽ばたき……、
だんだん疲れてきて、羽ばたくのをやめたら……。

あれ? 落ちてない。
……っていうか、浮き上がってる??

そう、がんばるのをやめると、フワッと浮く瞬間が訪れるんです。
「風」に乗れるときが来るのです。
そこで「あ、私、がんばらなくてもよかったんだ〜」と気がつきます。
そんなふうに思える「証拠」となる出来事がやってくるのです。
なぜやってくるかは「謎」なのですが、とにかく今までの「自分の常識」ではなかったことが起きるのです。

すると、自分の中に「安心」が入ってきます。
がんばらなくても私の価値は下がらないんだ、という安心。
そして、そんな安心が入ってくると、もうひとつ、入ってくるものがあります。
それが、「他力」です。

がんばらなくてもいい。
もっと人を頼っていい。
お願いして、甘えて、迷惑かけても、私の価値は下がらない。
だから、どんどん人に頼って、お願いして、甘えて、迷惑かける―それができるようになっていく。
すると、勝手に周囲が力を貸してくれるようになっていきます。あなたの苦手 なことを、みんなが喜んでやってくれるのです。
これが、「他力で夢が叶っていく」という楽しい循環の始まりです。

大きな夢が叶ってしまう人って、必ずといっていいほど、どこかで「たまたま」 という名の「ありえないラッキー」に出会っているものです。
ありえないタイミングで、たまたま、ありえないご縁に恵まれ、ありえないことが起こっていく。
そのはてに、ありえないくらい大きな夢が叶ってしまう。

そんな「ありえないラッキー」は、自力で起こせるものではありません。
自分を助けてくれる他力が重なって、そのなかで「こうなったら超〜楽しいな」 という夢が勝手に叶っていってしまうのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

超人気・心理カウンセラー 心屋仁之助氏が初めて語る「夢」の叶え方!

この連載について

初回を読む
心屋流 ちょっと変わった夢の叶え方

心屋仁之助

著書累計450万部! 「夢の武道館ライヴ」を実現させた超人気・心理カウンセラーが、自らの体験をもとに「心屋流・夢の叶え方」を初公開! そもそも「夢の正体」っていったい何? そして、夢を叶えるために大切な「4つの大切なこと」っていったい...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gibbous_leo ▶️ 自分がやらなきゃ! 一人でやらなきゃ! もっと頑張らなきゃ! …の人へ。 #自分用メモ 10ヶ月前 replyretweetfavorite