自由な生き方を求めて山小屋にやってきた看護師の話

自由な生き方に憧れて山小屋に働きにくる人は多い。けれど、10年間山小屋で働いていた吉玉サキさんは、山小屋の働き方も決して自由ではない、と語ります。今回は、15年続けた看護師の仕事を辞めて山小屋に働きにきたスタッフの話。彼女は、山小屋で望んでいた生き方を手に入れられたのでしょうか。

「私の15年間ってなんだったんだろう」

後輩スタッフのうっちーは言う。

彼女は15年間続けた看護師の仕事を辞めて、山小屋に来た。

「私、なんでもっと早くに看護師を辞めなかったんだろ。それ以外の生き方もできるって気づくまでに15年もかかっちゃった」

そう言って、うっちーはため息をついた。


「私の人生、ずっとこの日々の繰り返しなのかな……」

うっちーは数年前、山小屋に短期のバイトで来た。

私よりも年上で、当時30代半ば。最初は「おとなしい人」という印象だったけど、親しくなるとけっこうよく喋る。ちょっと天然で、朗らかなお姉さんだ。

私たちは仕事の合間によく雑談をした。

「私ね、なんとなく看護師になっちゃったの。自分がどう生きたいのか、どういう仕事したいのか、ちゃんと考えないままに働きはじめちゃった」

うっちーは困ったように笑った。それが癖なのか、彼女はいつも困ったように笑う。

彼女の勤務先はそこそこ大きな病院だったらしい。三交代制のハードな勤務、職場と家を往復するだけの毎日。

看護師の仕事そのものは嫌いではないし、それなりにやりがいも感じていたけど、何年も続けるうちにだんだん「私の人生、ずっとこの日々の繰り返しなのかな……」という漠然としたモヤモヤを感じるようになったという。

うっちーは悩んだ末、とにかく現状を変えたくなって仕事を辞めた。いざ辞めてしまうと何もする気になれなくて、1年ほど貯金で生活していたそうだ。「そろそろ働きたいな」という気持ちになったとき、思い浮かんだのが山小屋だという。

「別に山小屋がやりたい仕事ってわけじゃないけど、他にやりたいこともないし。登山は前からたまにやってたから」

「わかる」

山小屋がやりたい仕事じゃなかったという点は、はじめて山小屋に来たときの私も同じだ。山小屋に過剰な憧れや期待がなかったぶん、楽しめたのかもしれない。

うっちーも、山小屋の仕事や、季節労働というライフスタイルに憧れがあったわけではないという。

けれど、一緒に働いている間、彼女はたびたび「サキちゃんは自由な生き方してていいなぁ」と口にした。

「……そうかなぁ?」

長年ひとつの仕事を続けてきた彼女にとって、「下界で正社員として働く」以外の生き方が自由そうに見えるんだろうな……とは想像がつく。常識や社会のレールから逸脱しているように見えるのかもしれない。


山小屋スタッフも「自由」ではない

けれど、私は自分の生き方が特別に「自由」なものだとは思わない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

etozudeyoshida 📷 https://t.co/LtDITSLtD0 https://t.co/YBWCOfwKZH 6ヶ月前 replyretweetfavorite