方形の戦場|3ー10

戦後、BC級戦犯裁判で浮かび上がった、驚愕の真実。法の正義はどこにあるのか──。一人の若き弁護士が、“勝者なき裁判”に挑む。昭和19年3月、大日本帝国海軍の重巡洋艦「久慈」は、インド洋でイギリス商船「ダートマス号」を撃沈。救助した捕虜を殺害した。戦犯弁護人として香港にやってきた若手弁護士の鮫島は、裁判資料を読み込むうちに、この事件の──大日本帝国海軍の──抱える闇に気づいていく。圧巻の歴史小説!(水・金 10時更新)

 その夜、ベッドで公判資料に目を通していると、けたたましいノックの音が聞こえた。

「鮫島さん、おられますか」

 鮫島を呼ぶオーダリーの声がする。時計を見ると二十二時を回ったところだ。はっとして起き上がった鮫島は、「今行く」と答えつつドアを開けた。

「お休みでしたか。申し訳ありません」

「それはいいが、どうしたんだ」

「内地、いや日本から電話が掛かってきました」

「分かった」

 鮫島は電話のある事務所まで足早に行くと、置かれている受話器を取った。

「鮫島です」

「おう、あつだ。元気そうだな」

 電話を掛けてきたのは、大阪弁護士会の先輩の渥美きよたかだった。

「渥美さん、急にどうしたんですか」

「そいつはご挨拶だな。こっちはお前の情熱にほだされて、懸命に証人を探していたんだぞ」

 渥美に証人の探索を依頼しておきながら、鮫島はそのことをすっかり忘れていた。戦犯同然の待遇で香港まで行こうという奇特な証人などいないと、高をくくっていたのだ。

「申し訳ありません。それで証人は見つかったんですか」

「ああ、見つけたぞ。極上の証人をな」

「極上って──、そ、それは誰ですか」

 渥美の口から出た「極上」という言葉に、鮫島の胸が高鳴る。

しらしようぞう元大尉。軍令部第一部第一課に所属していた。くるしまてつろう軍令部総長の近い立場にいた人間だ」

 鮫島は頭の中が真っ白になった。

 ──海軍の中枢じゃないか!

 来島哲郎軍令部総長は終戦前にその職を辞したが、終戦と同時に自決していた。

 息せき切って鮫島が問う。

「その白木さんという方は、何と言っているんですか」

「軍令部から捕虜処分の命令が出ていたと証言してくれるそうだ」

「えっ、それは本当ですか!」

 受話器を持つ手が震える。

「本当だ。俺が本人から直接聞いた」

「これまでの戦犯裁判で、軍令部関係者はこぞって口をつぐんできました。すべての責任を現場に押し付けようとしているからです。それをなぜ──」

「白木氏は終戦後、僧籍に入ったそうだ。そこで高僧から真実を告げることの大切さを諭されたらしい」

「しかし証拠は──」

「白木氏は軍令部の機密書類に準じるものを持っている。それを見せてもらったが、証拠価値は十分にある」

 感激で鮫島に言葉はなかった。

 おそらく白木は、機密書類の写しか何かを所持したまま終戦を迎え、それをずっと隠し持っていたのだ。

「で、白木氏はこちらに来ていただけるのですか」

「うん。本人はどこへでも行くと言っている。ちょうど明後日、香港行きの船が出るので、それに乗れるよう手続きを済ませておいた」

「ああ、何とお礼を申し上げていいか!」

 あまりの喜びに、鮫島はその場に片膝をついてしまった。背後にいる宿直のオーダリーが、驚いた顔でそれを見ている。

 ──これで五十嵐さんを救える。

 喜びが込み上げてくる。そうしたものが公になれば、後に軍令部の誰かが戦犯裁判に掛けられるかもしれない。だが、それは身から出たさびというもので、鮫島が案ずることではない。

 受話器からは、渥美の「どうした。大丈夫か」という声が聞こえてくる。

 ようやくわれに返った鮫島が礼を言おうとすると、渥美が先に言った。

「これで何とかなりそうだな。それよりも、白木氏がそちらに着くまで公判を引き延ばせるのか」

「はい。香港までは四日もあれば着きますよね。まだ五十嵐氏と乾氏の抗弁と陳述が残っており、それぞれに三日ほどは費やされるはずなので、十分に間に合います」

「そうか。それはよかった。後は船が予定通り、そちらに着くかだけだな」

 台風シーズンは終わり掛けているので、その心配もない。

「鮫島、よかったな」

「はい。ありがとうございました」

 鮫島が受話器を置く。

 ──これで活路が開けてきた。

 確実とは言えないまでも、白木の存在が大きな突破口になるのは間違いないと思われた。


 翌日は乾の口頭弁論となった。

 乾はこの日のために百枚以上に及ぶメモを用意し、それを半ば読むようにして弁明を行った。もちろん英語である。この時、気づいたのだが、河合は「どうとでもなれ」とばかりによそを向いている。それを見れば、さすがの河合も乾を持て余し気味なのが分かる。

 乾は情状酌量を得ようというのか、自らの生い立ちから説き起こし、父母の教育や地域の人々から受けた恩義に対して、とうとうと感謝の意を述べた。

 海兵を志望した理由は、当時、海外に最も長期滞在できる手段は海軍軍人になることであり、欧米の文物に接し、それを日本のために役立てたかったからだという。

「私は本来、平和主義者であり、戦いを好みません。しかし当時の日本では、十代後半から二十代前半という実り多き時期に海外の文物を学ぶには、海軍に入るしかなかったのです」

 乾は自らの言葉に酔うように語る。

 とくに「致し方なく軍人になった」というくだりは、軍人でない鮫島にも聞くに堪えないものだった。しかし傍聴席ではうなずく者もおり、イギリス人には日本人と異なる価値観の持ち主もいると分かった。

「私の愛読書はアメリカ海軍の発行する『米国海軍協会雑誌』、通称『アナポリス』でした。アメリカへ留学したこともあり、イェール大学で民主的な教育も受けました」

 海軍では軍事面の専門教育だけではなく、海軍士官に教養全般を身に付けさせるべく、一般大学への留学も認めていた。乾はその制度を利用し、イェール大学で国際法を学んだという。

「その時に受けた恩師の言葉は、今でも忘れません。恩師は自由の尊重と法律の遵守こそ民主主義の根幹だと説きました。恩師の言葉に打たれた私は、国際法の専門家を目指しました。そして帰国後、民主主義思想を根底に置いて『軍艦例規』の改正にあたりました」

『軍艦例規』とは軍艦上における乗員の日課や服務要綱を定めたもので、軍艦勤務の基本法に等しいものだ。これを元に各艦の実情に合わせた個別法に等しい「内規」が作られていく。

「私は民主主義に基づき、帝国海軍の『軍艦例規』を国際標準に近づけました」

 乾は、旧版と乾が作成に携わった新版を例に挙げて説明した。むろん法廷にいる誰もが、そんなものに興味はない。記者たちの中には、ランチを取るために出ていく者もいる。

 四つ目の事例を乾が語り始めた時、たまらず裁判長が「Too much」と制した。

 すると今度は、「ブカ島事件」と呼ばれる一件を持ち出した。

 この事件は、乾が飛行艇母艦「八千代」艦長だった頃、ブカ島に寄港した折、スパイ容疑で捕まえたカナダ人宣教師に公正な裁判を受けさせ、無罪放免にしたことだった。

「その時、部下の多くが宣教師を殺すべきだと言いましたが、私は断固として公正な裁判を受けさせ、判決に従うべきだと主張しました」

「質問があります」

 バレットが挙手すると、裁判長は「どうぞ」と促した。

「部下の多く、すなわち当時の『八千代』の副長や航海長らは、裁判なしで死刑を主張したのですね」

「はい。そうです」

「ということは、『八千代』における乾被告の民主教育は、実を結んでいなかったのではありませんか」

「それは──」

 乾はつい「語るに落ちる」形になってしまった。

 バレットの気の利いたジョークに、閑散とした傍聴席から、まばらな笑いが起こる。

「質問は以上ですが、まだ何か自慢できるお話はありますか」

 バレットが皮肉を込めて言う。

「私は自慢話をしているつもりはありません。私という人間の実像を知っていただくべく──」

「仰せの通り、ダートマス号の乗員たち六十九名を殺したのも、乾被告の実像ですね」

 それだけ言うと、バレットは着席した。

 ──バレット、やるな。

 乾は得意とする英語を駆使し、イギリス人たちの好意を得ることに成功し掛けていた。だがバレットには、そうした媚びを売るような態度が許し難かったのだ。

 裁判長は軽くうなずきつつ、「それでは、そろそろ昼なので休廷します。午後は十三時から再開します」と言って休廷を宣した。

 ──乾さんは、日本人でありながら民主主義の本場であるアメリカの教育を受けてきたことを強調し、裁判官たちに親近感を植え付けようとしたのだ。

 それが、河合の入れ知恵かどうかは分からない。だが鮫島は、そうした日本の軍人らしからぬ法廷戦術に納得できないものを感じていた。


 食堂に赴こうとすると、入口付近でナデラが待っていた。昼食はナデラと共に取ることにしているので、不思議なことではない。

 ナデラは常に河合の助言者のエリアスと共に傍聴席の端に座り、公判を聞いている。その日の公判が終わった後、鮫島に対して助言するのが仕事だが、最近は鮫島もイギリスの軍事法廷に慣れてきたので、とくに助言らしきものはない。

 裁判長たちは食事を別室に運ばせるので、公判関係者で食堂に行くのは、検事、弁護人、通訳たちである。傍聴者は食堂には入れないが、その前で公判関係者を待ち、話を聞くことはできる。

 鮫島が流暢な英語を話すことは記者たちも知っており、さかんに話し掛けてくる。それらを「Sorry」と言って振り切り、ようやく席に着いた。

「裁判長たちに、新たな証人の申請はしたのですか」

 席に着くや開口一番、ナデラが問うてきた。

 すでに白木のことは、ナデラにも伝えてある。

「今朝、書類を提出した」

「それで返答はありましたか」

「受理したと事務官は言っていたが──」

「分かりました。受理されたのなら大丈夫でしょう」

 その時、ランチのサンドイッチと紅茶が運ばれてきた。二人はサンドイッチを頰張りながら会話を続けた。

「君が見るところ、判決はどうなる」

 ナデラの答えに期待せず、鮫島は問うてみた。

「私の立場では、それを予想することはできません」

「それは分かっている。では一般論として言ってくれ」

「公判内容に触れずに一般論として言うなら、まず欧米の法廷では、毅然とした態度は決して好印象を生みません。あくまで悔い改め、慈悲を乞うという姿勢が大切です」

「五十嵐さんが、そんなことをするわけがないだろう」

「それでは、判決は厳しいものになります」

「日本人は、誇りを守るためだったら死をもいとわない」

 ナデラが、食べかけのサンドイッチを皿の上に投げる。

「そんなものは捨てなさい」

「なぜだ。君らは日本人の誇りまで奪おうというのか!」

「あなたたちは、それだけのことをしてきたでしょう。連合国軍の捕虜のみならず、侵略したアジア諸国の人々の誇りを奪ってきたのは、どこの誰ですか」

 ナデラの瞳は憎悪に燃えていた。

「では聞くが、イギリス人は君らの国で何をしてきた。君らを奴隷のように働かせ、搾取してきたんじゃないのか。彼らが君らの国に鉄道を敷いたのか。ダムを造って耕作地を増やしたのか。上水や下水を整備し、誰もが教育を受けられるようにしたのか。独立国となれるよう手助けしたのか。その逆じゃないか。イギリスはインド人同士を対立させ、愚民政策によって、まともな教育さえ受けさせなかった。それがイギリスの植民地政策だ!」

「それについては今、論じるべきではありません」

 鮫島が口をつぐむ。英語で話していたため、周囲の視線が注がれている。いつの間にか近くの席に座っていたバレットは憎悪を剝き出しにした視線を向け、一方、河合は呆れたような笑みを浮かべている。

「鮫島さん、ここで日英の植民地政策の違いを論じたところで、何も好転しません」

 確かに今更、日本の植民地政策を弁護したところで、世界の誰も支持してくれない。

 ──勝った者は正しく、負けた者は間違っている。それが戦争というものだ。これからは、敗戦国日本の行ったことがすべて否定される。その前提で、国際社会での存在感を高めていかねばならないのだ。

 それがいかに難しいことか、鮫島にも理解できる。過去を肯定できず、誇りにもできない国民が何かを主張しようとしても、それは何の説得力も持たないのだ。だが鮫島は、国際社会に参加する国々が法を信奉する限り、真実を伝えていく方法はあると思っていた。

 ──これからの俺たちの戦いは、ある意味、実際の戦争よりも過酷なものだ。だが法という武器があれば、どこまでも戦っていける。

 敗戦国日本は、国際社会に通用する法だけを頼りにして生きていかなければならないのだ。

 ナデラが冷静な口調で言う。

「私は、五十嵐被告が有利になるような態度を推奨しただけです。それを受け入れようが受け入れまいが、五十嵐被告の自由です。つまり彼が大日本帝国に殉じようが殉じまいが、私にはかかわりのないことです」

 その言葉が、鮫島の誇りを傷つける。

「君は日本を嘲るのか」

「私が嘲るのは大日本帝国です。日本民族には、ほかの民族同様の敬意を払っています」

「それは屁理屈だ。われわれにとって大日本帝国は民族と同一だ」

「国家体制と民族は違います」

「われわれにとっては同じことなんだ!」

「あなたは、いつまで日本が世界に冠たる国だと思っているのですか。日本は今、主権さえ失い、世界の最下等国に落とされたのです。その事実を受け入れない限り、日本の明日はありません」

「何だと──、君にそこまで言う資格があるのか」

 鮫島が腰を浮かし掛けたので、周囲に緊張が走る。

「殴っても構いませんよ。私は無抵抗主義者です。その行為を非難もしませんし、訴えもしません。ただ五十嵐被告の公判に、有利に働くとは思いませんがね」

「君は日本が、このまま終わると思っているのか」

 ナデラの顔色が変わる。

「あなたのような態度を取り続けるなら、日本は今のままの最下等国です。国際社会の一員として生きるということは、他国との友好を重んじ、どんな小国に対しても対等の立場で付き合うことです。あなたの言葉の端々には、アジアの人々に対する軽侮が垣間見られます。そうした態度が、これからの日本の発展を阻むんです」

 そこまで言うと、ナデラはため息をついた。

「それを言いたかったのか」

「私は日本と日本人が今度こそ生まれ変わり、世界に誇るべき国家になることを願ってやみません。インドには、『重荷は背骨が折れるまで背負え』ということわざがあります。日本はむこう百年、いやそれ以上の間、この大戦の重荷を背負わされるでしょう。つまり侵略の被害を受けたアジアの国々は、日本人を苦しめ続けるでしょう。それでも日本人一人ひとりが、そうしたことに耐え、心から謝罪を続けないといけないんです。その果てに真の友好が生まれ、日本人は同じ人間として扱われるのです」

 ナデラの言うことは尤もだった。

「君は、われわれ日本人よりも日本のことを考えてくれているんだな」

「私は客観的な状況を述べただけです。実際は、日本人はもっとひどい目に遭わされるかもしれません。それでも父祖の罪を、あなた方は償っていかねばならないのです」

 ──その通りだ。われわれが背負わされた荷はあまりに重い。しかしそれを背負っていかない限り、日本の明日はない。

「ありがとう」と言って鮫島が手を差し出すと、ナデラはナプキンで手を拭った後、強く握り返してきた。

「インドと日本は仲よくしていかねばなりません。インドには、『木を切った人にも木陰を与えろ』ということわざもあります。つまり、どのような罪をも許す寛容さこそ、インドでは大切なんです」

「ナデラ、何と言っていいか──」

 その時、ベルを鳴らしながら食堂に入ってきたボーイが、開廷十分前を告げてきた。

 鮫島は無言でナデラと視線を交わすと、法廷へと戻っていった。

<次回は6月14日(金)更新です>

真実の航跡

伊東潤
コルク
2019-03-05

コルク

この連載について

初回を読む
真実の航跡

伊東潤

一人の若き弁護士が、“勝者なき裁判”に挑む。圧巻の歴史小説! 太平洋戦争中に起きた非道な捕虜殺害事件。 戦後、BC級戦犯裁判で浮かび上がった、驚愕の真実。 法の正義はどこにあるのか――。 昭和19年3月、大日本帝国海軍...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません