第17回:ハイリスク・ハイリターンだけが「投資」ではない

投資というと、つい大きな儲け(リターン)を期待してしまいがち。当然、ハイリスクも付随してきます。でも、株価の値動きに毎日ハラハラしたり、といったストレスフルなものだけが投資ではないのです。限りなく貯金に近く、コツコツのんびり、でも確実にお金が増えていく方法もあるのです。投資をしたことがない人、元本割れが怖い人、貯金を目減りさせずに守りたい人、必読! 6月刊行「年収200万円からの投資生活宣言」からご紹介します。

ハイリスク・ハイリターンだけが「投資」ではない

世の中には多くの金融商品があり、リスク(不確実性)の高いものもあれば低いものもあります。
特にリスクの高いものの代表例が、FX(外国為替証拠金取引)やCFD取引(差金決済取引)などです。
株式投資、金投資、一部の不動産投資なども、リスクは高いほうでしょう。

逆にリスクの低いものといえば、預貯金や個人向け国債、円建てMMFなど。
積立投資信託やETF(上場投資信託)などもそうです。
積立投信の中では、とりわけインデックスファンドが簡単です。

株式投資をするのと国債を買うのでは、一口に金融商品といっても天と地ほど違います。国
債は原則として元本割れをしませんが、株式投資は元本割れどころか、元手がゼロになる危険性もあります。

しかしながら、投資のリスクとリターンは比例します。
つまり、リスクの高い金融商品ほど、リターンは大きくなり(ハイリスク・ハイリターン)、リスクの低い金融商品は、リターンも低くなる(ローリスク・ローリターン)というわけです。

次の図をごらんください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
年収200万円からの<貯金>生活&<投資>生活宣言!

横山光昭

家計が毎月赤字でも収入が少なくても、お金は必ず貯められます!NHKあさイチでも紹介されて話題沸騰の家計再生コンサルタント横山光昭さんの新連載。90日貯金プログラムや「ショー(消費)・ロー(浪費)・トー(投資)」による使い方など一生モノ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

discover21 投資を過剰に怖がる必要はありません!NHKあさイチで人気のFP横山光昭@chokin_myfp さん連載アップ! @cakes_PR 約5年前 replyretweetfavorite