イチロー引退会見を見て思ったこと

先日引退を発表した、プロ野球選手のイチロー。以前、イチローの記者会見についてこの連載で取り上げましたが、引退にあたって行われた会見での記者の質問が批判されています。今回はイチローの会見から、「ヤバい質問」について考えます。

「結婚の時期や、理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか」

「結婚する予定があるかどうかを聞くのはセクハラです」と、これだけ言い尽くされているのに、大学卒業に合わせて宮内記者会からの質問に回答した佳子さまとのやり取りを読めば、「結婚の時期や、理想の男性像についてどのようにお考えでしょうか。お相手はいらっしゃいますか」との質問が確認できる。記者会見場で咄嗟に出た質問ではなく、あらかじめ文書で投げた質問にこれが含まれていた。

「結婚の時期」と「理想の男性像」が並列されているのって、実は奇妙なことだ。別に結婚なんて、してもしなくてもいいのだし、仮に結婚を望んでいるとして、前提や次のステップに「他人にひけらかす男性像」を用意する必要なんてない。本人の答えが「相手がいるかについてですが、このような事柄に関する質問は、今後も含めお答えするつもりはございません」だったのには安堵する。言葉遣いが限られる世界の人からの相当キツい牽制に思えるが、これからも果敢に聞き続けるのだろうか。宮内記者会では、限られた質問の一つを「お相手はいらっしゃいますか」に決めた時、「いやいや、これ、ヤバくない?」と誰かしら思わなかったのだろうか。

「ヒドい質問」と「記事になる質問」

このところ、記者からの質問のレベルが批判されることが増えてきた。壇上にいる相手が大きな存在であればあるほど、質問の稚拙さが糾弾されやすい。記者会見ではなくても、来日したハリウッド俳優にその情報番組で恒例となっているポーズをさせたり、キャラクターのぬいぐるみを渡して感想を尋ねたりする慣習が反感を買うようになった。先週、初めて記者会見なるものに聞かれる側として出席した。この4月からTBSラジオで『ACTION』という番組の金曜日パーソナリティをやらせてもらうことになったからなのだが、会場にやってきた記者のなかには、月曜日担当の宮藤官九郎から『いだてん』に出演してきたピエール瀧についてのなにがしかを引き出そうとする人がいた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ssizuu1 >わざとヤバい質問をして、自爆しながら使えるコメントを引っ張った記者が勇敢だとは思わないけれど、記者の質問ヤバいと一括りにするのではなく、質問のヤバさを見極めたい。 https://t.co/dXi1YfpzE3 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

Nahotwitt “質問する手札として、低評価を下されながらも紙面に引っ張れる言葉を抽出する、もあったのではないか。” 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

megamurara 以前トミー・リー・ジョーンズの番組ポーズ要求拒絶を見て「だから言っただろ」と思ったことを思い出しました。 約2ヶ月前 replyretweetfavorite

aya_deguchi 同じ質問は時間の無駄だし良くないよね、と思うけど、それ以外ならいろんな手法と質問があっていいのではと思う派 約2ヶ月前 replyretweetfavorite