いだてん』第12回「太陽がいっぱい」〜ストックホルムが見せた夢

脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、チーフ演出・井上剛と、伝説の朝ドラ「あまちゃん」の制作チームが再結集。大注目のNHK大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第12回「太陽がいっぱい」。いよいよ始まったストックホルムオリンピックのマラソン競技。スタートで遅れをとった四三は次第に巻き返しをはかり、次々と順位を上げていくのだが…。

〈「いだてん」第12回「太陽がいっぱい」あらすじ〉
 まもなく四三(中村勘九郎)がマラソンに出場するころ、日本・熊本では、スヤ(綾瀬はるか)が金栗家と共に応援の宴(うたげ)を開催する。一方当の四三は、大森兵蔵(竹野内豊)を抱えてスタジアムに入り、準備万端とは言えないままマラソンのスタートを切る。序盤は順調に順位をあげていく四三。だが、記録的な暑さと石畳の道が彼の体に異変を来し、幼いころの自分の幻影を見る。そして、森の中へ……。(番組公式HPより)


 チン、と涼やかに金属の鳴る音がして、手が動き始める。
 手は、まだこの世の感触を確かめかねているようにうす暗がりの中を恐る恐る伝っていく。そしてまだどこにもたどりつかぬうちに、「Good Morning」と声がする。挨拶? しかしそれは挨拶というよりは、文字通りそこが「よい朝」という場所であることを告げているかのように聞こえる。ここは「よい朝」なのか?

待って

 ストックホルム・オリンピックのマラソン当日、いよいよ第一回からわたしたちが待ち続けてきた、四三のスタートのときがやってきた。短い回想に続いて、スヤが鯛を四三の実家に持ってくる。遠い四三に精をつけてほしいと、実次におよそ非現実的な申し出をする。いったいスヤは何の儀式を始めるつもりなのか。あ、もうタイトルだ。ちょっと、ちょっと待って欲しい。これまでの『いだてん』では、導入にたっぷり時間をかけて、もう視聴者がタイトルのことなど忘れかけた頃にいきなり冷水のようにテーマ音楽を浴びせるのが通例だったではないか。大事なマラソン本番の回だと言うのに、こんなにあっけなく、まだこれといった盛り上がりもないうちから、タイトルが始まってよいのか。

 そして始まってしまったドラマは、さらに非現実的な展開を見せる。四三は病身でふらふらの大森兵蔵とともに、スタジアムに向かう。ところが、二人はストックホルムの市内で道に迷い、兵蔵は木陰に座り込んでしまう。四三の脳裏に、幼い頃に熊本の街まで父信彦と旅したときの記憶がよみがえる。あのときの父親も、胃弱のおかげで座りこんでしまった。幼い四三は、持っていた重曹水で父親に力をつけては、長い道のりをなんとか乗り切ったのだった。兵蔵を見ていると、その父の姿が想い出される。あのときの父はいかにも無力だった。その父と旅したことが、のちに何の役に立ったかはわからない。しかし、そのとき自分が父親にしたことをいま自分はすべきなのだと、幼い自分がいまの自分に告げている気がする。気がつくと、四三は兵蔵をおぶっている。おぶってスタジアムまで歩いて行く。いや、ちょっと、ちょっと待って欲しい。いくら病身の監督を放っておけないからとはいえ、これから大事なマラソン本番を控えている男が、人一人を背負い、体力を消耗しながらスタジアムまで歩くなどということがあり得るのか。

 そしてようやく四三が控室にたどりつくと、他の選手はすっかり準備を整えている。まだ着替えもしないうちに、係員が誘導を始めて、金栗は一人控室に置いて行かれる。ちょっと待って。こんなにあわただしい、こんなに何もかも中途のまま、試合に行かねばならないのか、金栗四三も、そして見ているわたしたちも。おや、この、シャツを着るショットはどこかで観たことがなかったか? そしてスタジアムの階段を上るショットも。

 そして四三は突然、スタジアムにいる。まぶしい光、拍手、まるで暗がりから突然大パノラマの真ん中に放り出されたように、歓声を浴びている。いつの間に、どうやって競技場のど真ん中にたどりついたのか。まるで説明がなされぬまま、スタート地点にたどりつくと、足袋を直している間に、ぱんと鈍い音がする。選手たちが走り出す。いまのはもしかして、スタートだったのか? 待って。これはこの十二回中最大のクライマックスの、待ちに待ったマラソンのスタートの瞬間ではないのか。もっと落ち着いて、これまでやってきたことを反芻する時間があって、心が無になって、しんとして、ランナーたちの誰もが等しく身がまえ、緊張を分かち合い、その緊張が最も高まったところで、ピストルの音が鳴るのではないのか。こんな風に何の準備も与えられぬまま、それが開始の音であることさえ知らされぬまま、始まってしまうのか。これは本当に始まりなのか?

ノーノー!ノー!

 そして始まってしまったレースは、ずっと違和感だ。音楽が鳴り、四三が最下位から他の選手をごぼう抜きにしていくところも、なんだか危なっかしい。孝蔵の『富久』によって得られるはずの推進力も、どこか調子が狂っている。夏の暑さを冷ますどころか、なぜ火事の暑さで煽っているのか。見慣れた花の土手をかけるように下りていく、そのスピードも、なんだか物見に急ぐようなあわただしさで、およそマラソンらしくない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

演出・井上剛と音楽・大友良英との対談も収録!

今日の「あまちゃん」から

細馬 宏通
河出書房新社
2013-12-25

この連載について

初回を読む
今週の「いだてん」噺

細馬宏通

近現代を扱ったNHK大河ドラマとしては33年ぶりとなる「いだてん〜東京オリムピック噺〜」。伝説の朝ドラ「あまちゃん」と同じ制作チーム(脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、演出・井上剛)が、今度は日本人初のオリンピック選手・金栗四三と、6...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kaerusan 夢を記す方法が問題だ。あらすじは夢の敵だ。筋書きをたどる論理は夢の論理をこわしてしまう。夢を夢らしく取り出すにはどうすればよいか。というわけで、今週の 9ヶ月前 replyretweetfavorite

undesuntbanii 細馬さんの連載が更新されとったばい この回のサブタイトルは「幻惑されて」でも良かったかなと思いましたね 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kaerusan さて今週の 9ヶ月前 replyretweetfavorite