九螺ささら「きえもの」

九螺ささら「きえもの」【コカ・コーラ】

屋根付き橋の中は安全だった。四角い胎内みたいで。
すぐ下からザザーと急流の音が聞こえてきたけれど。中は完璧に安全だった。
――電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!



 可口可楽を神無月の夜に買いにゆくそこかしこに咲く可口可楽の花



 その屋根付き橋を初めて通ったのは、十月十日だった。

 誕生日だった。

 死のうと思って。

 ふさわしい場所を探していて、力尽きそうになった時に見つけた場所だった。

 家から自転車で行ける最も遠い場所だった。

 山の麓で。

 わたしは中学生だった。きついイジメと闘うことも無視することも出来ずに。消えたかった。

 自転車に乗ってコーラだけ、持ってきた。

 屋根付き橋の中は安全だった。四角い胎内みたいで。すぐ下からザザーと急流の音が聞こえてきたけれど。中は完璧に安全だった。

 わたしは、癒されるのを感じた。心にエネルギーがチャージされ、あふれるのを実感した。

 持ってきたコーラを飲んだ。シュワシュワして。心の傷が、痛みながら消毒された。

 わたしは屋根付き橋から出た。体が生きたがっている。だから、帰宅した。

 明け方だったが玄関の鍵は開いていて、父も母も起きていた。母が用意してくれたクラムチャウダーを口にした。この世で一番好きなものだった。

 わたしは両足の膝から下が血まみれだった。母がオキシドールとガーゼで消毒してくれた。父はリビングで、きのうの新聞を読んでいた。

 一人っ子のわたしが死ななくて良かったと、大人になって思った。わたしは、心療科の医師になった。

 あの屋根付き橋にお礼を言いに行きたいと思い、夏休みに帰省した。母の自転車を借りてコーラだけ持って、あの時と同じように夕方に家を出た。

 屋根付き橋は探せなかった。

 帰宅すると、母がクラムチャウダーを用意してくれていた。父はリビングで、今日の新聞を読んでいた。



 CO2の抜けたコーラはざわめきを失ってH2Oに憧れる



この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歌人・九螺ささら「きえもの」一挙15篇収録。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.53(2018年12月号)[雑誌]

朱野帰子,寺地はるな,結城充考,荻上チキ,平原卓,渋谷直角,柳瀬博一,さやわか,越谷オサム,伊藤朱里,十市社,赤楚衛二,中山七里,宮木あや子,九螺ささら,吉野万理子,青柳碧人,東川篤哉,最果タヒ,乾緑郎,門井慶喜,ふみふみこ,千葉雅也,砂田麻美,カレー沢薫,本坊元児,恒川光太郎,新納翔,新井久幸,あいみょん
新潮社
2018-11-16

この連載について

初回を読む
九螺ささら「きえもの」

九螺ささら /新潮社yom yom編集部

初の著書『神様の住所』がBunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞した歌人・九螺ささらによる、短歌と散文が響き合う不思議な読み物。電子雑誌「yomyom」に連載中の人気連載を出張公開!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません