HSP、HSCの敏感さ4つの特性

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか? 人間関係、勉強、家族、容姿…ストレス社会で生き延びる技術を紹介します。『10代のための疲れた心がラクになる本』をcakesで特別連載!(毎週火曜・金曜更新)

HSP、HSCの敏感さ4つの特性

 HSP、HSCのもつ敏感さについて、提唱者のアーロン博士は、次のような4つの性質をすべてもっている、と言っています。

(1)深く、ていねいに考える

 受けとった情報を、自分のなかで深く処理するという性質があります。
 深く理解しているので、場をなごますような機知に富んだ発言や、鋭い質問、的確な指摘などができます。
 いろいろな可能性に配慮して慎重に考えるため、行動に移すまでにちょっと時間がかかる面があります。

(2)過剰に刺激を受けやすい

 普通の感覚の人にとっては何でもないようなことも、とても気になります。
 普通の人が「適度な刺激」と感じることを「かなりの刺激」と感じる。普通の人が「かなりの刺激」と感じる程度だと、「耐えがたい刺激」と感じるのです。
 それだけにとても疲れやすい。大きな音、強いにおい、大勢の人がいる場所、突然の予定変更などに弱く、サプライズも楽しむというより動揺してしまいます。

(3)感情の反応が強く、とくに共感力が高い

 人の気持ちを読みとって、相手が考えていることを予測したり、人の感情に強く共鳴して、自分も悲しくなったり、つらくなったりします。
 その共感性の高さは、体内に響きのいい大きな「音叉」をたくさんもっていて、それが一斉に共振している感じとたとえることができます。

(4)ささいな刺激を察知する

 ちょっとしたことへの反応力が高く、ものごとによく気づきます。
 小さな物音、かすかなにおい、わずかな味の違いなど、普通の人が気づきにくい感覚を感じとることができます。痛みにも敏感です。

 この4つの性質のすべてにあてはまるようなら、君も敏感気質HSPだと考えられます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄医師の最新刊、好評発売中!

この連載について

初回を読む
10代のための疲れた心がラクになる本

長沼 睦雄

「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者・長沼睦雄先生が10代(と、そして大人)に贈る、心の疲れをラクにする方法。朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になっていませんか?人間関係、勉強、家族、容姿...ストレス社会で生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hjkayla_ もしやわたしこれなのでは?わたしのちょっとダメなとこぜんぶこれでHSPの一言で表せるならとても良いのでは? 3ヶ月前 replyretweetfavorite

restart20141201 占いかよ。 誰もがうっすら当てはまること並べて、"当たってる~"と言わせるやつ。 病気だと諭してホっとさせる、 そんな不健全なソリューション。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

bumi_y やっぱり、めっちゃ当てはまってる。→ 3ヶ月前 replyretweetfavorite