相続を争族にしない

#35 無理強いすると没交渉に NGワードは言い換えよう

「うちは大丈夫」と言う親やきょうだい。相続について真剣に考えてもらいたいが、言い方を誤ると新たな“争族”の火種になることも。円満に話し合うためにはどうしたらよいだろうか。

「万が一のことも考えなきゃいけない年なんだから、エンディングノートを書くとか、家をどうするとか、ちゃんと分かるようにしといてよ」

 東京都内に住む坂口弘さん(仮名・47歳)は、今年の正月、九州の実家に帰省した際、70代の両親にこう切り出した。先日会社の同僚の父親が急死。ごく普通の家庭でも、相続のゴタゴタで苦労しているのを目の当たりにし、とても人ごととは思えなくなったのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
相続を争族にしない

週刊ダイヤモンド

わが家は相続とは無縁。ましてや子どもたちが財産をめぐってモメる“争族”なんてあり得ない。そう考えている人が少なくない。だが、実際はそうではないと、相続の専門家たちは口々に言う。実際に専門家たちが直面した争族の事例をひもとき、争族の実態...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません