相続を争族にしない

#34 特別貢献の優遇

長男の嫁が義理の父親と同居し、長らく介護した後に、義父が亡くなった場合、長男の嫁にはどれほどの遺産が残されるのか。実は、こうしたケースでは嫁には何も残されないというのが、現行制度だ。

 長男の嫁が義理の父親と同居し、長らく介護した後に、義父が亡くなった場合、長男の嫁にはどれほどの遺産が残されるのか。実は、こうしたケースでは嫁には何も残されないというのが、現行制度だ。

 というのも、現行制度には「寄与分」と呼ばれる相続財産の上乗せ制度があるが、これは、故人の財産を増やすなど特別な貢献をした相続人だけが対象となるからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
相続を争族にしない

週刊ダイヤモンド

わが家は相続とは無縁。ましてや子どもたちが財産をめぐってモメる“争族”なんてあり得ない。そう考えている人が少なくない。だが、実際はそうではないと、相続の専門家たちは口々に言う。実際に専門家たちが直面した争族の事例をひもとき、争族の実態...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません