2030年 地方都市における性風俗の世界は二極化する

「セクサロイドは誕生するのか」「VRでのセックス体験はどこまでリアルか」人口減少とテクノロジーをキーワードに日本人の性の未来予想図を描き出す!  「地方都市からデリヘルが消える」に続く、2030年の性の未来予測、後半です。3月6日発売の『未来のセックス年表』を特別公開!

二極化する風俗嬢のライフスタイル

人口減少による淘汰の結果、性風俗業界は実力のある店舗だけが生き残る。そうした店舗では、首都圏や他県の店舗と連携して女性の融通や広告宣伝を共同で行う経営スタイルが増えるだろう。そうしたネットワークを活用する形で、地方から地方へと出稼ぎを続けて一定の収入を得るフリーランスの女性も増える。

人口減少に伴い、風俗嬢は「フリーランス型」と「店舗型」に二極化する。地域間ネットワークとテクノロジーの発達に伴い、一定の容姿と魅力、SNSのフォロワー、そして行動力を兼ね備えた女性であれば、フリーランスで稼ぐことは比較的容易になっていく。全国にフォロワーがいれば、出稼ぎ先の店でも地元のフォロワーが指名してくれる。

一方で、誰もがフリーランスとして高収入を上げられるわけではない。地元から動きたくない(家族がいて動けない)女性、セルフプロデュースやリスクマネジメントができない女性は、これまで通り一つの地域で・一つの店舗のみに在籍して働き続けることになる。

地元から動けず、セルフプロデュースもできない女性は、自らのサービスに付加価値を与えることができない。自らにとって有利な店・業種・エリアを選ぶこともできない。

結果的に低価格化・高解像度化したアダルトVRとの競争にダイレクトに晒されることになる。

アダルトVRとの価格競争に巻き込まれる女性たち

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2050年 セクサロイドは誕生するか?

この連載について

初回を読む
未来のセックス年表

坂爪真吾

新しい「性の公共」をつくるNPOという立場から、障害者・高齢者の性・不倫・性教育・性風俗・売買春・JKビジネス・パパ活など性にまつわるあらゆる社会課題の現場に足を踏み入れ、問題解決に取り組んできた著者のこれまでの知見をいかした集大成。...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kassarakaiya 興味本位で見たらものすごい辛辣な記事でびっくりした。 9ヶ月前 replyretweetfavorite

numbers4_four 30分3980円って取り分どれくらいよ。。 9ヶ月前 replyretweetfavorite