わかりやすい伝え方の法則【第3回】 説明する側の「大きな勘違い」

第1回の記事で、そもそも"わかる"とはどういうことなのか、また「"わかる"の3段階」などをお伝えしました。わかるには3つの種類があります。 ①話の内容を把握する ②話の内容を納得する ③話の内容を再現する まず、相手が言っている内容を把握しなければ、「わかった」ことにはなりません。

第1回の記事で、そもそも"わかる"とはどういうことなのか、また「"わかる"の3段階」などをお伝えしました。わかるには3つの種類があります。

①話の内容を把握する
②話の内容を納得する
③話の内容を再現する

 まず、相手が言っている内容を把握しなければ、「わかった」ことにはなりません。次に、相手の話を納得しなければ「わかった」とはなりません。言っていることは理解できても、納得できなければ「なるほど、そうだね」とは思いません。そして最後に、せっかく話を聞いても、次の日に忘れてしまったら「わかった」とはいえません。つまり話を自分一人で再現できなければ「わかった」とならないのです。

 これが"わかる"の3段階です。

 続いて第2回では、話をわかりやすく伝える絶対ルール"テンプレップの法則"をお伝えしましましたね。どんな話でも、テンプレップの法則に従えば、わかりやすくなってしまう、という魔法のような法則です。

1.これから伝える内容のテーマ(Thema)
2.伝えたいことの数(Number)
3.伝えたい内容のポイント/結論(Point)
4.どうしてそう言えるかという理由(Reason)
5.実際にどういうことがあるのかという具体例(Example)
6.最後に結論を念押し(Point)

「テンプレップ」とは、この6要素の頭文字をとって、順番に並べたものです。この順番で伝えると、どんな内容でもわかりやすくなってしまうのです。

伝え手の大きな勘違い

 今回は、説明する側の「大きな勘違い」についてお話ししておこうと思います。この「勘違い」のせいで、説明が分かりづらくなっているケースが多くあります。非常にもったいない話です。でも、その勘違いがなくなれば、すぐに状況は改善されます。

 それでは、多くの方が勘違いしているポイントを紹介していきます。

勘違い1: 一度言えばわかる

「説明は一度だけすればいい」
「一度『聞き手』が納得したら、もうその説明は不要」

 そう考えている人もいます。「同じ事を2度言わせるな」というセリフを聞いたことがある方も多いでしょう。

 たしかに、誰だって、何度も同じ事を伝えたくないと思うかもしれませんね。しかし、どんな場合でも「一度言えばわかる」というわけではないんです。

 人間は忘れる動物です。ドイツの心理学者エビングハウスによると、新しく覚えたことでも20分後に42%、1時間後に56%、1日後には74%も忘れてしまうといいます。つまり、一度納得しても、「あれ、それって何だっけ? どういうことだっけ?」となることが往々にしてあるわけです。

 そのため、時間が空いたり、いったん別の話題に進んだ時は、再び前に戻って確認する必要があります。その時理解できたからと言って、その知識が100%定着して、その後も記憶に残り続けると考えてはいけません。

"わかる"ためには、「再現」できることが不可欠です。一旦話を聞いて理解し、納得しても、それを覚えていられなければ、相手は"わかった"とはなりません。

 ですから伝え手は、相手が「再現」できるように、工夫しなければいけないのです。忘れやすいポイントを繰り返して何度も念を押したり、語呂合わせで覚えやすくしたり、ポイントをまとめて整理したり・・・。

 それを怠ると、相手は忘れてしまいます。そして忘れてしまうということは、その人たちにとっては、「最初から聞いていない」のと同じなわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
木暮太一の「経済の仕組み」

木暮太一

10万部超のベストセラー『今まで一番やさしい経済の教科書』などのビジネス書で知られる著者が、なんとなく分かったつもりになっていた「経済の仕組み」を懇切丁寧に解説します。ビジネスパーソンの基礎力を高めたいなら必読です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masakazukato @cakes_PR あのー、第2回はどこにありますか? 【 5年弱前 replyretweetfavorite