海外文学好きは絶対チェックすべき「ブッカー国際賞」の正体

現代翻訳小説って、なにから読むか迷う。ちょっと手を出してみたいけど、おもしろそうな本はないかな。そんなふうに、現代海外小説に興味を持ってる人にこそおすすめしたい「ブッカー国際賞」作品。今年の受賞作はどれかな~! 
 そして出版社さん、ぜひ翻訳を~~出してください~~~!! もし出してくれたらみんな買おうねっ。約束!

「ブッカー賞」とは、なにか?

 日本で文学賞、というと直木賞に芥川賞が有名なんだけれども。イギリスの「ブッカー賞」をご存知だろーか。
 その年、イギリスやアイルランド、アメリカの作家によって書かれた英語の小説の中で、最も優れた小説に贈られる賞。
 選考委員が毎年変わったり、一度受賞した作家の小説が再度ノミネートされることもあったり、いろいろと工夫されているがために……受賞する小説のクオリティが、ものっそい、高い。
 ラシュディの『真夜中の子供たち』やイシグロの『日の名残り』などなど、自分が好きな小説が過去に受賞してることもあって、地味にチェックしている賞のひとつだ。あんまりはずれがなくてありがたいんだよねぇ。

 ……ちなみに本題には関係ない余談なのだけど、昨年なんとスポンサーがいなくなるとのことで、ブッカー賞スポンサーが募集された。こんな世界的文学賞のスポンサーっていったい(遠い目)と思いつつ見守っていたのだけど、アメリカの億万長者夫婦が支援してくれることになったらしい。ふ、ふとっぱらー。
 こちらのご夫婦、記者をしつつ投資で億万長者になったらしい。アメリカンドリーム~~~! わたしも億万長者になったら文学賞つくりたい。求む、ジャパンドリーム……。

 って話が逸れました、そんなスポンサー交代したブッカー賞であるけれども!!
「ブッカー国際賞」のノミネート作品が最近発表されたんですよ~~!! 今日はその話。
 ブッカー国際賞とは何か。
 それは、「英語で読める(つまり、英語で翻訳されている)」なかで、「世界文学に大きな功績のある」作家を決める賞、なのである。
 おおう、ノーベル賞に喧嘩売っとるやないかい! とわくわくするとこも楽しい(これはわたしだけ?)けど、過去受賞作のラインナップも、見てるだけでわくわくする。
 最近話題の韓国文学作家ハン・ガンの『菜食主義者』、チェコ作家オルガ・トカルチュクの『逃亡派』などなど。
 惜しむらくは過去受賞作家があまり日本語訳されていないこと。出版社さ~~~ん、cakes連載読んでたらなにとぞブッカー国際賞をひとつよろしくお願いします~~~~! 
 ちなみに翻訳の場合は、賞金が著者と翻訳家で山分けらしい。受賞も著者と翻訳家どちらもに与えられるんだとか。珍しいですよね、すごく夢のあるシステムではないか。

 で、気になる今年のノミネート作品はこちら(ホームページがおしゃれ~かわいい~~と驚いたのはわたしだけ!?)。
 ノミネート作品の出版国は、フランス、ドイツ、オマーン、中国、韓国、チリ、コロンビアなどなど多岐に渡る。
 ぱやーっと見るかぎり、個人的に気になったのはオマーンの作家Jokha Alharthiが書いた”Celestial Bodies”かなあ。
 Jokhaさんはオマーン出身で、イギリスの大学院でアラビア文学の博士号をとった才女(ちなみにぐぐったら彼女のホームページが激かっこよかったので、ぜひ見てほしい~)。
 ”Celestial Bodies”は、オマーンを舞台に三姉妹の人生を描いた物語。アラビア的姉妹モノ、すんごい読みたい。あの、この文章を読んでくださっている出版関係者さん、翻訳を……(まだ言う)。

 そして日本語訳されている『口のなかの小鳥たち』がノミネートされておりましたので、読みましたよ!


『口のなかの小鳥たち (はじめて出逢う世界のおはなし―アルゼンチン編)』
サマンタシュウェブリン著、松本健二訳東宣出版)

 アルゼンチンの女性作家による短編集。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

口のなかの小鳥たち (はじめて出逢う世界のおはなし―アルゼンチン編)

サマンタ シュウェブリン,Samanta Schweblin,松本 健二
東宣出版
2014-10-18

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません