そこは魅惑の「インク沼」—最新の万年筆に“ドハマリ”リポート

『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社)は、この1年に話題を集めた新商品の中から現場のプロである文房具屋さんが最高の逸品を選ぶ賞だ。今年で7年目を迎え、「文房具屋さん大賞」をまとめた本を制作するのが編集ユニット「choudo」の木庭將さんと上原玲子さん。文房具本の制作を多く手掛け、文房具イベントのプロデュースも行っている。連載5回目は、“万年筆といえば丸善”の売り場に潜入リポートします!


万年筆を日本に初めて輸入した老舗文房具店が語る最新トレンド


上原玲子(以下、上原) 今回は『文房具屋さん大賞2019』の審査員でもある、丸善の西條さんに、人気の万年筆やおすすめの万年筆のお話をうかがいます。万年筆ブームと言われて久しいですが、現在もブームは続いていると感じますか?

西條いづみ(以下、西條) そうですね。最近は幅広い層の方に万年筆が使われているなと感じます。特に、プラチナ万年筆の「プレピー」や、パイロットの「カクノ」など、廉価で書きやすい万年筆が出てきたことで、初めてお使いいただく方がグンと増えたと思います。

上原 確かに今回の『文房具屋さん大賞2019』の万年筆賞1位も、プラチナ万年筆の「プレピー クリスタル」でしたからね。


This is stylish! 透明ボディで中のインクが見えるから何本も持ちたい。だって400円なんだもの

西條 「カクノ」の透明ボディも人気がありますが、中のインクが見えるのがとてもいいのだと思います。そう、万年筆のインクの進化も止まりません。カラフルなものが次々に発売されるので、私たちも追いつけない状況です(笑)。

上原 「インク沼」という言葉が流行るほど、インクをたくさん集めている方がいますからね。

西條 お客さまの中でも「好きなインクを選んでブレンドできるインクはどれですか」と言って、売り場に来られる方がいらっしゃいます。万年筆のインクにまでこだわっている方は知識も豊富で、下調べもしっかりされているのでこちらが驚くほどです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

注目の新商品がズラリ! 最高の逸品が決定!

この連載について

初回を読む
発表!「文房具屋さん大賞2019」 

choudo

『文房具屋さん大賞2019』(扶桑社)は、この1年に話題を集めた新商品の中から現場のプロである文房具屋さんが最高の逸品を選ぶ賞だ。今年で7年目を迎え、『文房具屋さん大賞』をまとめた本の制作を担当するのが「choudo」という編集ユニッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません