お笑いの本場、大阪ではお笑いができる男が一番モテる

晶と千春のコンビ「アンデルセン」は、一見順調に進んでいそうだったが、あることがきっかけでコンビの間にヒビが入ることになった。

ひょんなことから、コンビを組むことになった沖縄出身の晶と愛媛出身の千春。

晶と千春のコンビ、「アンデルセン」は順調にネタの数を伸ばしていった。

千春の友人の紹介で小さな劇場に出させてもらうようにもなった。

その劇場はどこの芸能事務所にも所属していないようなアンダーグランドな芸人たちが出場しているような場所だった。

客席も合わせて20畳くらいしかないような狭さの劇場だ。

ここ大阪、笑いの本場で、お笑いをやる最高の環境が整っていながら、芸能事務所にも所属しないで、お笑いを志している人間ばかりが集まっているのだから、出場者は全員、「変わっている」という形容詞で紹介できるほど、簡単ではない。

端的にいうと、全員が浮き世離れしていた。お笑い劇場というより見世物小屋に近いといえばいいだろうか。

おたまじゃくしを丸のみして、十秒後口からカエルを出すガリガリのおじさん(口の中に何匹かカエルを飼っているらしい)、夢はアイドルといいつつ還暦を迎えた双子姉妹・紅さん白さん、ドナルドダックの物まねで「翼をください」を熱唱する日独ハーフの女の子、ウェディングドレスを着ながら日本国憲法を暗唱する京大生……。

その中で「アンデルセン」は、見た目は可愛いのにチ〇ポとしか言えない晶と、オボコの千春のコンビとして、キャラ立ちしていった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません