最終回】ゴーギャンにはなれない、おまえも俺も。一度きりの人生を、後悔して生きていく。

【最終回】
まなみは亜梨とともに葉山の実家に引き取られた。
明人も豪も自らの心の裡を見つめ直し、そこで出た結論は!?
ほぼ主夫作家・樋口毅宏が本音全開で描く『東京パパ友ラブストーリー』、
ついに怒濤の最終回!

 明人がアクセルを踏み込むと、海へ抜ける風になる。ペーパードライバーのため、前にハンドルを握ったのがいつか思い出せない。ふと頭を掠める。このままスピンしても、警察は事故死と片付けるだろう。いっそ死んでしまったほうが楽ではないか。美砂にこれ以上の迷惑をかけたくない。保険にも入っているし、こんな父親がいては光の将来のためにもならない。しかし明人はそれができない自分を知っていた。

 江の島に着いた。この日もシーキャンドルが見える。江ノ電の緑が目に眩い。海岸に人はまばらで、バーベキューの匂いもない。それはそうだろう。十月なのだ。秋を終えて、冬が近づいていると明人は思う。

 互いの家族と来てから、豪とふたりだけで何度訪れただろう。すっかりここの風に素肌が馴染んだような気になっているが、ひとつの季節しか知らないのだ。人間でいったら、ある一面しか見ていなかったことになる。

 彼岸前の風が爽やかだった頃、光を先に寝かせて、星空の屋根を眺めた。

 その手を握りながら、ここには俺以外と来るなよと、おとなげないことを言った。豪はふふんと笑っていた。

 渚に近い街頭のスタンドが錆びている。駆け足で蹴った波打ち際と吐息。しかしそれも朧気だ。どうせばれてしまうなら、LINEのやり取りを保存しておけばよかった。ふたりで写メを撮ればよかったと思う。何もかもが遠くに過ぎ去っていく。

 寄せては返すのは波だけではない。後悔の念がこころに押し寄せる。

 腕ずくで奪えなかったものか。踏み止まらせたものは何か。家庭か、世間の目か、小心か。その全部か。

 誰かのせいにしたかったが、自分の顔しか思い浮かばなかった。

 目に滲むものがある。だから最初のうちは幻だと思った。そのうち影がはっきりと形を取って、明人のほうに近づいてきた。サングラスをかけていたが、見間違えようがなかった。

 豪が明人の前に立つ。少し照れ臭そうに笑った。明人はその厚い胸板に飛び込む。こころから声が出ていた。

「必ずここでまた会えるって信じてた……!」

 ふたりは、過去最高に、互いに壊れそうなほどきつく抱きしめ合った。

 突然の夕立がふたりを急き立てる。

 豪は終わったはずの夏がまた始まったのだと思った。

11

 最後の「こと」を終えた後、ふたりは安モーテルを出ると、割れた歩道を抜けて、海岸にたどり着いた。雨はやんだ。低い空に黄金色の雲が海すれすれに垂れ込めている。肩が乾いたシャツで、一緒に座り、海を眺めた。手を繫ぐ。人の目は気にならなかった。互いに同じことを考えているだろうと明人と豪は考えていた。

 饒舌な波がふたりの代わりに会話をしているように見えた。沈黙をつらく感じたわけではなかったが、豪のほうから先に切り出した。

「僕は、明人がいれば、他に何もいらないよ」

 明人は黙っていた。曇った横顔に向けて、豪は続けた。

「ふたりで、どこかに逃げよう」

 明人の表情は変わらない。ひざを泳ぐ虫を払おうともしない。ほどなくして抑揚のない声でつぶやいた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ほぼ主夫作家・樋口毅宏が本音全開で描く、パパどうしのラブストーリー

この連載について

初回を読む
東京パパ友ラブストーリー

樋口毅宏

有馬豪は、渋谷にあるファンドマネージメント会社のCEO。30歳のイケメンであり、イクメンだ。 娘の亜梨が通う保育園で、鐘山明人というおっさん建築家と知り合い、飲みに誘われる。 これが、それぞれの妻を巻き込んでの地獄の幕開...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kumama282828 駄目だ、これ好き。みんな哀しすぎる。ねえみんな其れでいいの_? 1年以上前 replyretweetfavorite