誰かを否定することは自分の可能性も狭める

今回の相談者は、27歳のシングルマザー。元夫の、子どもへの対応についての悩みに、幡野広志さんはどう答えるのでしょうか? 幡野さん初めての『写真集』が発売しました。ぜひ本連載とあわせてお読みください。

※幡野広志さんへ相談を募集しています。専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

はじめまして。私は27歳シングルマザーです。
元旦那と子供を産んで育てていこうと2人で決めましたが、暴力を振るわれて離婚して5年経ちます。
5年間こどもはこどもとしてお父さんにいいことを求めましたが、何一つしてもらえていません。
そんな中、彼女ができて結婚を考えていると知りました。
新しい家庭にはこどもが2人いて、他人の子たちにはできるのに、我が子にはしてくれないことが私には複雑で、こどもが大きくなったとき、このことを知ったらどう思うのか考えると前を向けません。

(27歳 女性)

震災の年の妻の誕生日に入籍をしたので、ぼくは結婚して今年で8年になります。

なぜ妻の誕生日にしたかというと、入籍した日を忘れないためです。万が一……いえ、十が一くらいの確率で妻の誕生日か入籍の日を忘れていても、妻から一が一の高確率で直前に入籍した日の話が出てくるのでリマインダーになります。

結婚式はまた別の日なのですが、何月何日にやったか次の年には忘れました。いまはもう何年にやったかすら、覚えていません。なるべく記念日を抱き合わせることで、夫婦喧嘩のリスクを低下させています。

それでもぼくは、だいたい年に一度は離婚を考えます。原因は様々ですが、子どもがうまれてからも、ぼくが病気になってからもです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

はじめてで最高の「写真集」

写真集

幡野広志
ほぼ日
2019-03-01

この連載について

初回を読む
幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。

幡野広志

写真家・幡野広志さんは、2017年に多発性骨髄腫という血液のガンを発症し、医師からあと3年の余命を宣告されました。その話を書いたブログは大きな反響を呼び、たくさんの応援の声が集まりました。想定外だったのは、なぜか一緒に人生相談もたくさ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

noe_317 これを読んでわかった。父親が息子に会わない訳が 16日前 replyretweetfavorite

atsuhiko1964 “力関係の弱い人間に対して、どういう態度をするかで人間性はよく現れます。” https://t.co/5L7PSPauPU https://t.co/8e0ppmJpeO 29日前 replyretweetfavorite

kamepyon529 幡野さんの文章が凄すぎる。 https://t.co/kRSxAxomwl 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

mashupon7 これだ笑 この人生相談に対するこの軽さ、 、どう考えても調子乗った男性美容師が言いそう過ぎて無理だった。https://t.co/0jxkHPz4cd 約1ヶ月前 replyretweetfavorite