ストーンズ観に行けなくなっちゃったね

【最終回】遂にそのときがきた。酷く酩酊し、最低の男と化した俊太郎は、あいかわらずトリコに暴言を吐き続けていた。覚悟を決めたトリコは、手にしていた包丁を俊太郎の腹に突き刺した――。

22 ラスト・ワルツ

 その夜、俊太郎が、例によって、酷く酩酊して帰ってきた。目を汚泥のように溶かし、赤ら顔で、酔っ払い特有の足取りで、股間の部分は強か濡れていた。

 この光景を見るのもこれが最後だと思うと、不思議と腹も立たなかった。きっと何もかも自分の中で決着していたからだろう。俊太郎は上機嫌のようで、女性器の名称を連呼する替え歌を朗々と歌い上げた。


「これ、俺が五歳のときに初めて作った歌。天才じゃね? 今からでも歌手になれねえかな。武道館とかでライブやったり。あーあ、俺の親が有名人だったらなあ。○○○○とか」

 この男の唯一の才能は、私を苛つかせることだったと思う。

 時計をちらりと見る。宅配便を装った、劉朝偉が家に来る時間が近づいていた。

 劉はひとつアドバイスをくれた。殺るなら外より家のほうがいい。素人が殺人をしようとしても失敗することが多く、屋外だと往々にして大声で人を呼ばれたり、逃げられたりするものらしい。車で森や海に連れて行っても、協力者がいないかぎり成功しないというのだ。さすが、本職の言葉だけに重みがあった。

 台所に立ち、お茶を用意する私に背中から、俊太郎が酒臭い息を吹きかけてくる。

「おまえってイッたことないけど、それってどうなの」

 俊太郎の手が尻に触れる。抵抗しないのをいいことに、指先が下着の奥まで伸びてくる。湯気を立て始めた薬缶を冷静な目で見ながら思う。

 この期に及んで怖気づきそうな自分がいる。できるか? 本当にできるのか? 殺人を考えたことのない人間はこの世にいない。しかし考えるのと実行するのでは、あまりに大きな開きがある。私にできるのか—?

「きょうはいいことがあってさあ。あの子、そう、おまえ。初めてだったぞ」

 俊太郎が私の下着の中から手を引き抜く。粘液に塗れた指を、ニタニタと嬉しそうに舐め回した。

「おまえ本当に俺に惚れてるなあ。女って生き物は、好きになった男を—」

 沸騰した薬缶が鳴ったと同時だった。

 私は振り向きざまに、手にしていた包丁を俊太郎の腹に突き刺した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林真理子さん、燃え殻さんも認めた著者の会心作、遂に文庫化!

この連載について

初回を読む
ドルフィン・ソングを救え!

樋口毅宏

林真理子さん、燃え殻さんも才能を認めた著者の会心作を限定公開!  2019年、45歳独身で人生に絶望したフリーターのトリコ。睡眠薬で自殺をはかって目覚めたのは、1989年の渋谷だった! トリコに幸せは訪れるのか?  「めちゃくち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません