家庭のフレンチトーストは、薄めのパンでうまくいく!

42回目のテーマは『フレンチトースト』。「卵液がしっかり染み込まない」「焦げてしまう」などの失敗もありますが、加熱の仕方や油の使い方で、家庭でもおいしいフレンチトーストがつくれます。アレンジメニューとして「クロワッサンのパンペルデュ」もご紹介しています。

昭和の時代から根強い人気のあるフレンチトーストは週末のブランチにぴったりのメニュー。近年は看板メニューにするカフェも登場するなど、再ブレイクの感があります。

人気の火付け役になったのは『世界一のフレンチトースト』と称されるホテルオークラ東京のフレンチトーストでしょう。レシピ自体は五十年以上前から変わっていないそうですが、ふっくらとしたスフレのようなフレンチトーストはたしかに至高の味。

しかし、オークラスタイルのフレンチトーストは家庭で真似するのは少しむずかしいかもしれません。というのもオークラスタイルは分厚いパンを卵液に丸一日浸し、それをフライパンで焼いた後、オーブンで仕上げるからです。
フレンチトーストの失敗パターンは『パンが卵液を吸わずに白い部分が残ってしまった』や『焦げてしまった』というもの。これらの問題を解決するための方法は一つ。オークラスタイルの分厚いフレンチトーストではなく、はじめから薄めのパンを選ぶことです。これだけでこれらの失敗はほぼ回避できます。今回は他に卵液を早く吸わせる技なども紹介します。それではレシピです。


フレンチトースト


食パン…2枚(8枚切り)
卵…1個
グラニュー糖…20g(もしくは上白糖20g)
牛乳…100cc
サラダ油…小さじ1
バター…10g
メープルシロップ

作り方

1.ボウルに卵を割り入れ、砂糖を加えて泡立て器ですぐに混ぜる。砂糖が溶けたら、牛乳を加えてさらに混ぜる。全体が均一になったら混ぜ終わり。


はじめに砂糖と卵をよく混ぜておくと、白身と黄身が均一に混ざります。砂糖を入れてから時間を置くと、卵黄から水分が抜けダマになってしまうので、砂糖を入れたらすぐに混ぜましょう。


2.食パンに1の卵液を注ぎ、電子レンジ(600w)に10秒〜20秒かける。(Tips1 卵液を早く染み込ませる技)


3.フライパンにサラダ油小さじ1と2のパンを並べ、蓋をしてから弱火にかける。3分を目安に片面に焦げ目がつくまで焼く。(Tips2 フレンチトーストを上手に焼き上げる技)

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
おいしい」をつくる料理の新常識

樋口直哉

巷にはさまざまな食の情報があふれています。そのなかには昔は正しかったけれど、現在では正しくないものも。noteでも大人気の料理家、樋口直哉さん(Travelingfoodlab.)が、科学に基づいた「おいしい料理をつくるコツ」をご紹介...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_murotani 朝こちらをやらせていただいて、厚切りじゃない方が手軽だしいいなとなった 7日前 replyretweetfavorite

CUteNeuron 6枚切りでつくったけどこれはおいしい https://t.co/Q1nD33acsF 7日前 replyretweetfavorite

d_forest こ、これは!俺得レシピ! 妻にせがまれてしょっちゅう作ってるので、次はこのレシピでやってみよう。 7日前 replyretweetfavorite

sadaaki うまいにきまってるやつだ。やらねば。 8日前 replyretweetfavorite